review

今夜スタート「スーパーサラリーマン左江内氏」藤子・F・不二雄の原作徹底予習

今夜9時より日本テレビでドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」がスタートする。原作は藤子・F・不二雄の『中年スーパーマン左江内氏』

主人公の左江内氏を演じるのは堤真一。しかし写真を見るかぎり、メガネにスーパーマンのスーツをまとった堤は冴えないどころか、ちょっと老けたクラーク・ケント(本家スーパーマン)という趣きすらあり、むしろかっこいい。でも、小泉今日子扮する妻・円子は原作よりきつい性格のようだから、ドラマでは左江内氏の恐妻家ぶりを強調することで「冴えない」感じを出そうというのか。まあ脚本・演出が、これまで「勇者ヨシヒコ」シリーズや「アオイホノオ」など各作品でさんざん意表を突いてきた福田雄一だけに、油断はならないが。
今夜スタート「スーパーサラリーマン左江内氏」藤子・F・不二雄の原作徹底予習
『中年スーパーマン左江内氏』。昨年、小学館のてんとう虫コミックススペシャルから発売された単行本が値段的にもお手頃。ただ筆者としては、藤子・F・不二雄大全集版で同じ巻に収録された『未来の想い出』とあわせて読まれることをおすすめしたい

この記事では、ドラマの予習を兼ねて、原作である『中年スーパーマン左江内氏』について紹介してみたい。

個性派ぞろいだった連載誌


同作は藤子・F・不二雄が大人ヒーローを主人公とした唯一の連載作品だという。連載誌はてっきり、F先生とは関係の深い小学館の「ビッグコミック」あたりかと思いきや、双葉社の「週刊漫画アクション」というのがちょっと意外な気がする。『左江内氏』の連載時期(1977年9月15日号~78年10月26日号)には、どおくまんの『嗚呼!!花の応援団』、大友克洋の『さよならにっぽん』、はるき悦巳の『じゃりン子チエ』などといった作品が同じ誌面に並んでいたことになる。気鋭の個性派作家がそろうなかで、児童マンガ出身のF先生もサラリーマン物という新境地に挑戦しようと奮起していたのではなかろうか。

あわせて読みたい

  • Q太郎のQはどこから来たのか

    Q太郎のQはどこから来たのか

  • きれいなジャイアンが本物を否定する

    きれいなジャイアンが本物を否定する

  • 21世紀の小学生がタイムスリップ!「藤子・F・不二雄物語」の奇跡

    21世紀の小学生がタイムスリップ!「藤子・F・不二雄物語」の奇跡

  • バスからはじまる物語。藤子・F・不二雄ミュージアムのすこしふしぎどころではない完成度

    バスからはじまる物語。藤子・F・不二雄ミュージアムのすこしふしぎどころではない完成度

  • レビューの記事をもっと見る 2017年1月14日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース