review

時代設定に疑問「昭和元禄落語心中 助六再び編」3話

「オイラはとにかく落語に出てくる人が好きでたまらないんです。どんなどん底にいたって、あいつらなら這い上がってくらァ。あいつらをみーんなに紹介してえんで」
「それが落語の為めってことかエ。そいじゃお前さんがやる意味無いじゃないか。[……]お前さんは我欲が無さすぎる」
時代設定に疑問「昭和元禄落語心中 助六再び編」3話

助六、闇を抜ける


雲田はるこ原作アニメ『昭和元禄落語心中 助六再び編』第3話は、主人公・三代目有楽亭助六の過去が一部明らかになり、また籍を入れた女房・小夏の秘密もほの見える回であった。前回、自分の落語が確立できていないことに苦悩していた助六は、ようやく今回一つの突破口を得る。それが過去との全存在をかけた対話だったというのが、自身の夢や希望だけではなく、闇や悔恨、どうしようもない赤恥までも取り込んで芸としていく、落語家らしいありようだったといえる。
原作では6巻の後半にあたる部分だ。

時代設定に疑問。1989年?


気になったのは一点。助六に目をつけて取材を続ける作家・樋口のノートに「89年」と記されていたことである。第1回の背景から1990年の物語と判断したのだが、もう1年早かったか。そうすると助六の真打昇進は1989年のこととなり、以下の人々と同時ということになる。

1989年3月:夢月亭清麿・林家鉄平(ともに落語協会)、三遊亭喜八楽(五代目円楽一門会)
1989年5月:三遊亭笑遊・桂伸治(ともに落語芸術協会)

ちなみにこの年、落語立川流は真打を誕生させていない。1983年に創立された立川流は、初期にはビートたけし・高田文夫などの著名人をBコースの弟子として入門されたことで注目されたが、その後は家元談志ばかりが突出し、弟子が存在感を示すことはまだできていなかった。ようやくこの年に「立川流落語界日本すみずみ出前寄席」が発足している。これは総額99800円で真打・二ツ目・前座から成るユニットを出前し、その場で落語会を成立させる、というものだ。現在日本の至るところで行われている地域寄席は、この出前寄席を起源としていることも多い。落語人気は冬の時代だったが、着々と種は蒔かれていた。

あわせて読みたい

  • 「昭和元禄落語心中第2期TVヨタロー

    「昭和元禄落語心中第2期TVヨタロー

  • 「昭和元禄落語心中」見事な野ざらし

    「昭和元禄落語心中」見事な野ざらし

  • 「昭和元禄落語心中」死神ふたたび

    「昭和元禄落語心中」死神ふたたび

  • 「昭和元禄落語心中」落語家の結婚

    「昭和元禄落語心中」落語家の結婚

  • レビューの記事をもっと見る 2017年1月27日のレビュー記事
    「時代設定に疑問「昭和元禄落語心中 助六再び編」3話」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      50年後くらいって、東京でも演芸場はまだ残ってるんだろうか??今のままじゃ無理なんだろうな。

      0
    • ゴム人間 通報

      所詮漫画にいちいちケチ付けて見ている輩もいるんだ?

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース