bit

『カイジ』と『トネガワ』の違いは90年代と2010年代で変化したリアリティ反映?

       
ライター・編集者の飯田一史さんと、『シン・ゴジラ論』を刊行したSF・文芸評論家の藤田直哉さんによる、話題の作品をランダムに取り上げて時評する文化放談。今回は『中間管理録トネガワ』について語り合います。

「このマンガがすごい!」はスピンオフが強すぎる
『カイジ』と『トネガワ』の違いは90年代と2010年代で変化したリアリティ反映?

飯田 『中間管理録トネガワ』(協力:福本伸行、原作:萩原天晴、漫画:根本智弘、三好智樹)は福本伸行先生の『カイジ』シリーズのスピンオフで、チーフアシスタントを務めたスタッフの手による快作。
『カイジ』の第一シリーズに登場する中ボス的存在のトネガワが、実は兵藤率いる極悪な帝愛グループの中では中間管理職にすぎず、間の抜けた黒服たちをなんとかまとめつつ、癇癪持ちのボケ老人である兵藤に取り入ろうとして失敗したりしつつがんばるという、『カイジ』の公式パロディ的な作品。

藤田 あの『カイジ』のスピンオフが、なんと「このマンガがすごい!2017年」のオトコ編1位に……。

飯田 福本マンガではほかに『アカギ』『天』のスピンオフである『ワシズ』『HERO』があります。『ワシズ』もワシズ様がコンクリート詰めにされてヌリカベみたいな状態になったまま麻雀したりとかなかなかぶっ飛んだ内容なのですが基本的にはワシズが戦後史を暗躍しながらのしあがっていくさまを描いていて(白州次郎とか吉田栄作とかと接触しているw)、基本シリアスだった。『HERO』は『アカギ』『天』の続編みたいな話なのでノリはやはりシリアス。スピンオフで明確に笑いを取りに行ってるのは初ですね。

藤田 前々から思っていたんですが、「このマンガがすごい!」は、二次創作的な作品が一位になりすぎでは…… 『PLUTO』『ブラック・ジャック創作秘話』、そして『トネガワ』……

飯田 読者も投票者もマンガ読みであることを前提にした投票だからそうなりがちってことなんですかね。

藤田 ミュージシャンズミュージシャン的傾向は、どうしてもでてしまう感じはしますね。『バクマン。』も含め。

中間管理職、サラリーマンあるあるすぎる


飯田 青年誌に載ってるサラリーマンギャグマンガをひねったものとしても読めるし(福本マンガの絵柄とノリでやった『山口六平太』というか『釣りバカ日誌』というか)、さらには自己啓発本への茶化しでもある作品。
 これを発案したアイデアの勝利であると同時に、許可した福本先生がすごい。

藤田 中間管理職の話が、サブカルチャーで流行ってくるタイミングでもあるのでしょうね。ファンの年齢や地位も上がって…… 『ローグワン』と同じ現象ですね。日常系お仕事マンガでもある、とw

飯田 いやいや、『課長島耕作』という作品があってだなw

藤田 あれは立身出世モノ、ビルドゥングス・ロマンだから、ぼくの分類では少年漫画と同じ。出世がないまま板挟みの苦労が延々続くというトネガワは、ちょっと世知辛いw

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月24日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。