review

「おんな城主直虎」視聴率アップ。柴咲コウ、高橋一生、三浦春馬登場で絶好調。でも心配も

NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」(作:森下佳子/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時)
1月29日放送 第4回「女子(おなご)にこそあれ次郎法師」 演出:福井充広  視聴率16.0%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)
2月5日放送 第5回「亀之丞帰る」演出:渡辺一貴  視聴率16.0%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)
「おんな城主直虎」視聴率アップ。柴咲コウ、高橋一生、三浦春馬登場で絶好調。でも心配も
『おんな城主 直虎 前編』 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版

主人公直虎(柴咲コウ)の子供時代を描いた2、3話よりも、彼女が出家してから9年、行方不明だった幼なじみ(三浦春馬)が戻ってきた4、5話の視聴率はアップした。
今回、子役たちも評判がかなりよかったが、やっぱり成人してからに興味ある視聴者が多いのは大河ドラマの常。とはいえ、4話で成人になった主人公が出てきたのは終わりのほんの一瞬だった。

4話の冒頭にだじゃれ(井伊家はいい、みたいなべたなやつ)が出てきても脱落することなく、完全に成人編になった5話を、16%の視聴者たちが、4話から変わらず観たということは、柴咲コウのファンが16%は確実にいるってことか。そこに最近すっかり注目の的の高橋一生ファンが何%占めているか気になるところだ。

まずは4話を振り返り


3話でアシンメトリーだったおとわ(次郎法師、のちの直虎/新井美羽)の頭は、まだ俗世と仏門の間にいたことの表れだったのだろう。4話で完全に坊主になって俗世を絶った。
井伊家の男たちがふがいないばかりに、幼いおとわがお家存続のために頑張るしかない状況で、龍潭寺で修行に明け暮れる。

あわせて読みたい

  • 「おんな城主直虎」第1回徹底レビュー

    「おんな城主直虎」第1回徹底レビュー

  • 「真田丸」近藤正臣の大河ドラマ人生

    「真田丸」近藤正臣の大河ドラマ人生

  • 最終回「真田丸」信繁はいかに生きたか

    最終回「真田丸」信繁はいかに生きたか

  • 今夜最終「真田丸」長澤まさみの口吸い

    今夜最終「真田丸」長澤まさみの口吸い

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2017年2月12日のレビュー記事
    「「おんな城主直虎」視聴率アップ。柴咲コウ、高橋一生、三浦春馬登場で絶好調。でも心配も」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      恋愛ものは好きですが、政次の描き方とか史実と違いすぎるんではないでしょうか。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おんな城主直虎

    おんな城主直虎

    NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース