子どもたちにプログラミング教育を! 中高生の目が輝く瞬間を"ライフイズテック"に聞く

なぜこの企業は輝いているのか? 事業を伸ばすその裏側にあるものとは? 輝く企業のそのワケをキラリと光る経営者に直撃。今回は、ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO 水野雄介さんにお話を伺いました。
子どもたちにプログラミング教育を! 中高生の目が輝く瞬間を"ライフイズテック"に聞く
ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO 水野雄介さん

■「IT&中高生」というコンセプトの元に個性が集まって美しく大きい絵を描く

2010年に3人で立ち上げた当時、「ライフイズテック」は、ピスチャーという社名でした。PieceとPictureを組み合わせた造語です。ピースは、一人一人の個性を伸ばしたいという思いから。いろいろなピースが集まっていったその先に、ワンピースでは創造し得ないピクチャー、つまり大きな絵が描けると思ったのです。
2011年に「ライフイズテック」という教育サービスを開始し、その後、社名も「ライフイズテック」に変えましたが、この設立当初の思いは今も同じままです。個性を持つ個人がお互いをリスペクトしあって一つのものを作っていく。そのようなプロジェクト、チーム、組織のあり方が今の「ライフイズテック」の根幹にあります。

「ライフイズテック」は、中学生や高校生にITプログラミングを学ぶ機会を創造することを目的として生まれ、これまでにキャンプやスクールを通して21,000人以上の中高生が「ライフイズテック」と出会ってきました。
創生期に数名だった生徒はその後、300名、1000名、3500名とぐんぐんとその数を伸ばしていき、今では毎年7000名を超える数になっています。そしてその数は、今後、ますます増えていくでしょう。確信があるのは、文部科学省が「2020年から小学校でのプログラミング教育の必修化を検討する」と発表して以降、問い合わせが増えているからです。
エキサイトの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る
2017年2月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。