smadan

就活生が「ホワイト企業」見極める指標に? プレミアムフライデー導入わずか数パーセント

就活生が「ホワイト企業」見極める指標に? プレミアムフライデー導入わずか数パーセント
画像はイメージです。
2月24日から始まった「プレミアムフライデー」。消費を増やし、働き方を変える取り組みとして注目を集めているが、この「プレミアムフライデー」が就活生の企業選びの指針になるのでは? とまた違った面からも注目を集めているようだ。

そもそも「プレミアムフライデー」って?


「プレミアムフライデー」は、日本政府と経済界が取り組むキャンペーン。月末の金曜日は午後3時までに退勤するように促し、個人消費の増加と働き方改革を目指す取り組みだ。セールにより店の経営が赤字から黒字に変わる日ということで命名されたアメリカの「ブラックフライデー」を参考に、日本でも始まった。これを気にかけているのは現在働いている人だけのようにも思える。しかし、「プレミアムフライデー」を導入しているかどうかで“ブラック企業かホワイト企業かわかる”といった声が上がり、就活生を中心にネットで話題になっている。

実際、就活生と思われる人は「エントリーする企業がプレミアムフライデーを採用してるかどうか気になる」「就活ではプレミアムフライデーしてるか聞きまくろう。してない所は行かない」とTwitterでつぶやいている。

「プレミアムフライデー」導入企業に入るのは狭き門!


調査会社のインテージが、2017年2月3日から6日にかけて20~59歳の男女6,750名を対象に行った「プレミアムフライデー」に関するインターネット調査によると、自身の職場で「プレミアムフライデー」が奨励・実施されることが「決まっている」人の割合はわずか2.5%だった。

あわせて読みたい

  • プレミアムフライデーは格差を拡大させる「官制賃下げ」【勝部元気のウェブ時評】

    プレミアムフライデーは格差を拡大させる「官制賃下げ」【勝部元気のウェブ時評】

  • 資生堂の英語公用語化は成功する?

    資生堂の英語公用語化は成功する?

  • スマダンの記事をもっと見る 2017年2月24日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース