review

草なぎ剛『嘘の戦争』可哀想すぎる安田顕がなんか踏んで転びそうになった7話

『嘘の戦争』(フジテレビ系、関西テレビ制作)第7話。「父に何をした?」と一ノ瀬(草なぎ剛)に掴みかかった隆(藤木直人)。一ノ瀬が父の命の恩人だと聞かされても、仏頂面で礼を言う体を取っただけだった。一方、自分をかばってナイフで刺された一ノ瀬に礼を言わなかった興三(市村正親)。隆は少しずつ父親に似てきている。
草なぎ剛『嘘の戦争』可哀想すぎる安田顕がなんか踏んで転びそうになった7話
イラスト/小西りえこ

あらすじ


7話でターゲットにされたのは、悪人だらけのこのドラマの数少ない癒し系・晃(安田顕)。

一ノ瀬は、経営コンサルタントとして晃が社長を務める二科カテーテルの工場の改修を勧めた。その費用は2000万。八尋(菊池風磨)は、その工事を担当する四方田建設になりすましてメールのやりとりをし、一ノ瀬が用意した別の口座に金を振り込ませることに成功した。二科コーポレーションに損失を与えたことで晃は隆にクビを宣告されてしまった。

晃の可哀想さがすごい


「そんな簡単に……」「俺が……何?」「これからも相談に乗ってくれるよね?」晃が可哀想な目に合っているのは、本当に可哀想だ。ただ出来が悪いだけで、隆に認められたくて必死なだけだった。これで一番下の弟ならまだしも、長男だというのだから可哀想さに拍車がかかる。

晃の可哀想さで注目したいのは、2000万が騙し取られたとわかった場面だ。電話口で四方田建設に金が振り込まれていないと聞かされると、晃はメールを確認しようとパソコンに向かう。その時、晃は焦って戸棚の上の何かを肘で落としてしまい、その何かを踏んでズルっと滑ってしまう。しかし、晃はそれを意にも介さずパソコン机にまっしぐら。

あわせて読みたい

「草なぎ剛『嘘の戦争』可哀想すぎる安田顕がなんか踏んで転びそうになった7話」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    安田さんのつまずき演技、計算だったと安田さんに直接確認したマギーさんTwitterで言ってる。でもどや顔でそれを否定してるライターに漂う三流感

    14
  • 匿名さん 通報

    エラ張り男とか書いてる人はよっぽ美形なんでしょうなぁ。容姿批判しながらディスってもねぇ、、共感なかなか得られないんじゃない?

    6
  • 匿名さん 通報

    つよぽん(一之瀬)、転落しなきゃいいね。

    5
  • 匿名 通報

    エラは男らしさだから5~10年後が楽しみ、それに彼は正面以上に斜め横の顔がいい

    4
  • 匿名さん 通報

    もう一人の犯人は、孤児院の園長じゃねー?と妄想

    3
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

嘘の戦争

嘘の戦争

ドラマ「嘘の戦争」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース