遊助 人と別れることも経験だし、逆に新しい何かを見つけるキッカケにもなる/インタビュー2

 
遊助 人と別れることも経験だし、逆に新しい何かを見つけるキッカケにもなる/インタビュー2

■遊助/New Single『流れ』インタビュー(2/4)

――インタビュー1より

人それぞれ別々のワガママを持ってるからこそ、それが共存した喜びや、相手を思いやる優しさに気づける

――2曲目「2=1+1」も前向きな歌ですね。ただし、テーマは別れ。

遊助:そう。これは完全妄想。幸せに別れたカップルを思い浮かべて書いたの。

――どんなキッカケでそういう歌を作ろうと思ったの?

遊助:なんか「幸せ、幸せ」言ってるのも寒いなと思って。だけどちゃんと前向きな話をしたくて。人と別れることも経験だし、逆に新しい何かを見つけるキッカケにもなるから。リリースが3月っていうこともあるけど、別れはスタートだったりするからさ。それを愛らしいけど女々しくない男を主人公にして描こうと思ったの。

――これはタイトルの表記がユニークですね。

遊助:よく1+1=2っていうけど、そういう話じゃないから。二人だったのが、お互いに変わらない一人ひとりになって、違うところに向かって行くっていう話だから、それを表したかったの。

――じゃあ、この先、「1+1=2」っていうタイトルで結婚ソングを作っても面白いかもしれないですね。もしくはこの曲のアンサーソングとか(笑)。

遊助:結局戻ったんかい!とかね。ヨリを戻した話にして(笑)。

――3曲目「Only One」は、R&Bのエッセンスに和のテイストをまぶした爽快なナンバーですね。

遊助:(作曲者の)村山(晋一郎)さんは昔、「ひまわり」のカップリングの「そよ風」を作った人なんだけど、久しぶりに一緒にやりたいなと思って。和テイストなんだけど、ちゃんとトラックが今風になってる感じがいいなと思ったし、爽やかな曲だからこそ、ちょっと強めの「頑張んなよ」っていうメッセージを書こうと思ったの。

あわせて読みたい

  • 遊助が今ハマっているのは、今まで感じたことのない気持ちよさのスッキリするアレ/インタビュー4

    遊助が今ハマっているのは、今まで感じたことのない気持ちよさのスッキリするアレ/インタビュー4

  • 遊助 新曲は「時間の流れ」をテーマにした沖縄テイストの温かいメッセージソング/インタビュー1

    遊助 新曲は「時間の流れ」をテーマにした沖縄テイストの温かいメッセージソング/インタビュー1

  • 遊助 新曲「凛」は応援ソングではなく、聴く人が寄りかかれるような曲/インタビュー1

    遊助 新曲「凛」は応援ソングではなく、聴く人が寄りかかれるような曲/インタビュー1

  • 遊助 ニューシングル『凛』 撮り下ろし写真/画像ギャラリー

    遊助 ニューシングル『凛』 撮り下ろし写真/画像ギャラリー

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2017年3月4日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース