90s

早すぎた死……マイケル・ジャクソンの「光と影」

性的虐待疑惑は1993年、ある少年がマイケルから虐待されたと語ったことが発端となった。様々な憶測を呼んだが、2005年に裁判が終結し、マイケルの無罪が全面的に認められている。

また、マイケルの容姿がデビュー当時から大きく変わったことにより、整形疑惑も頻繁に取りざたされていた。
しかし、肌の色が白色へと変化していったのは尋常性白斑という病気の影響もあったという。

突然の死……ライブツアーは中止に


このように90年代以降はゴシップ的部分が注目されることが多く、特に00年代以降は大きなライブを行うことも少なくなっていたマイケル。しかし、2009年に最後のツアー『THIS IS IT』(50公演 75万人動員)を行うと発表し、大きな注目を集めた。

久しぶりにステージ上でマイケルの雄姿が見られる……そう誰もが期待した矢先の2009年6月25日、50歳の若さで急死してしまったのだ。

死の一因として、深刻な不眠に悩んでいたマイケルに主治医が麻酔薬を投与していたが、その量が過剰だったためともいわれている。当時の主治医は、過失致死罪で有罪となっている。

マイケルの死はすぐさま全世界中に伝わり、多くのファンが衝撃を受けるとともに悲しみにくれた。
そして彼の死後、改めてスキャンダラスの部分ではない、“キング・オブ・ポップ”としての側面に大きく注目されることに。これまでに発売されたCDはもちろん、『THIS IS IT』のリハーサル風景を収めた映画、DVDは日本でも大ヒットした。

マイケルの死からすでに8年以上が経過したが、彼が残したものの輝きはいつまでも色あせることはないだろう。


※文中の画像はamazonより キング・オブ・ポップ-ジャパン・エディション CD, Limited Edition
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク