90s

もしも30年前にWBCがあったら? 最強の「87年版侍ジャパン」を考える【プロ野球世紀末ブルース】

もしも30年前にWBCがあったら? 最強の「87年版侍ジャパン」を考える【プロ野球世紀末ブルース】
※写真はイメージです
野球界は4年に1度の“世界甲子園”ことWBCで連日盛り上がっている。いまや一流のプロ選手が集結する代表チームに何の違和感もないが、初めてオールプロで結成されたのは04年アテネ五輪からだ。
その4年前の00年シドニー五輪野球日本代表チームのプロ選手は、セ・パの足並み揃わず24名中8名のみ。さらに過去の昭和の時代になると、真の日本代表結成なんて夢のまた夢だった。

だからこそ、いまだにオールドファンの間では「もしも80年代にWBCがあって、ガチのチーム編成したらどんなメンバーになっていたのか?」という話題で盛り上がる(実際に雑誌『スポルティーバ』では00年代初頭にその手の企画記事が掲載されていた)。

というわけで前回の本連載では「20年前の97年版侍ジャパン」を予想したので、今回はさらに10年さかのぼり30年前の「1987年の侍ジャパン」を勝手に選出してみよう。

1986年に起きた野球界の出来事


87年3月に開催される大会ということは、選考基準になるのは直前の86年シーズン成績だ。
巨人とのゲーム差0の超デッドヒートを制した広島と、近鉄に競り勝った西武が対戦した日本シリーズは、第8戦までもつれる大接戦に。“新人類”と呼ばれたヤングレオが3連敗後の4連勝を記録した。個人タイトルに目を向けると、バース(阪神)と落合博満(ロッテ)がそれぞれ2年連続三冠王を獲得。

毎晩地上波テレビ中継で高視聴率を稼いでいた巨人では、クロマティが頭部死球で負傷退場翌日に代打満塁弾ををかっ飛ばし話題に。当時の人気No.1プレーヤー原辰徳は炎のストッパー津田恒実(広島)の直球をファールした際、左手有鈎骨を骨折。王監督はまたもや悲願の初優勝を逃した。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「もしも30年前にWBCがあったら? 最強の「87年版侍ジャパン」を考える【プロ野球世紀末ブルース】」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    当時はバースとかクロマティとかマイナーリーガー頼みだった気がするが、、、。

    5
  • えーっと、 通報

    クロウはエクスポズでバリバリの現役メジャーでしたが・・・

    5
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月15日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。