筋肉少女帯、1989年発売『猫のテブクロ』完全再現ライブ「感無量ですよ。リリース当時の気持ちに戻る」

3月20日、東京・赤坂BLITZにて、筋肉少女帯の『赤坂「猫のテブクロ」完全再現+11(赤坂版)LIVE』が開催された。この日の公演は、1989年発表のミニアルバム『猫のテブクロ』の完全再現に加えて、約11曲の筋少の名曲が披露されるという趣向。先頃の大阪・BIGCATおよび東京・恵比寿LIQUIDROOMでも熱狂的に歓迎されたこのイベントは、ここ赤坂の最終夜で更なる盛り上がりを見せていた。なお、本公演の模様はニコニコ生放送で生中継された。

午後5時半を少し回った頃に場内が暗転すると、SEが高らかに鳴り響く。大槻ケンヂ(Vo)、橘高文彦(Gt)、本城聡章(Gt)、内田雄一郎(Ba)が客席に背を向けて横一列に並ぶシルエットは、いつ観てもワクワクする。すでに興奮状態のフロアに最初に投下されたのは、圧倒的な華やかさを誇る「サンフランシスコ」。続く「カーネーション・リインカネーション」の攻撃的な音圧によって、オーディエンスの熱気は上昇するばかり。

「俺らは50歳超えてもハードロックやってるんだよ! この大変さがわかるか!」と大槻が叫び、場内が和む。ロックの醍醐味を伝えるド迫力の演奏はもちろん、要所要所で観客のツボを心得た爆笑トークが飛び出すところも筋少の魅力である。彼らが長年培ってきた稀有なセンスは、ライブという場において、最大限に発揮されるのだ。ドライヴ感のある「みんなの歌」に続き、まだ序盤ながらも「踊るダメ人間」が披露される贅沢な展開に、観客の頬も緩みっぱなし。橘高と本城がメインヴォーカルを務めた「俺の罪」からも、ゴキゲンなお祭りムードが漂っている。

あわせて読みたい

大槻ケンヂのプロフィールを見る
エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大槻ケンヂ」に関する記事

「大槻ケンヂ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大槻ケンヂ」の記事

次に読みたい「大槻ケンヂ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月21日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 大槻ケンヂ twitter

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。