これが発売されたらNintendo Switchを買う、という人が身の回りに多い『Splatoon2』。前作『Splatoon』のときと同じく、先行試射会が開催されている。

「Splatoon2」先行試射会に参加してみた、めちゃめちゃ楽しい
Nintendo Switchで3月25日26日に行われる『Splatoon2』の先行試射会。事前に体験版ソフトをダウンロードしておく必要がある

日程は3月25日(土)と26日(日)。それぞれ4:00〜5:00、12:00〜13:00、20:00〜21:00に行われる。このうち、25日(土)4:00〜5:00に参加したのでレビューしたい。なお、今回は体験版なので、製品版とは若干異なる部分があるかもしれないことをご了承いただきたい。

Splatoonシリーズとは


このゲームはいわゆる三人称視点のシューティングゲーム、TPS。他のゲームと異なるところは、各キャラクターがヒトとイカの姿を切り替えながら戦うということ。また、相手を倒すのではなく、いかにインクで多くの地面を塗りつぶせるかという、「なわばりバトル」で勝敗が決まることだ。


2015年5月28日にWiiU用ソフトとして発売以来、世界中で人気のシリーズとなった。『Splatoon2』はNintendo Switchでの発売が予定されており、今回はその体験版というわけだ。

チュートリアルと設定変更


試射会はNintendo Switchで体験版ソフトをダウンロードして行う。時間外に起動しても、エラーメッセージが出て遊べない。
「Splatoon2」先行試射会に参加してみた、めちゃめちゃ楽しい
時間外に遊ぼうとしても遊べない

時間になると(実際には5分ぐらい前からできた)、まずはチュートリアルを行う。ここで一通りの操作を確認しよう。前作からやっていた人が一番とまどうのがジャンプの操作かもしれない。
前作では(ついでにいうと、同じSwitchのゼルダの伝説でも)ジャンプは「X」ボタンのところ、今作では「B」ボタンになっているからだ。
「Splatoon2」先行試射会に参加してみた、めちゃめちゃ楽しい
最初にチュートリアルを行う。基本的な操作をここで確認しよう

チュートリアル時点では設定をいじることはできない。武器を選択する画面で、「オプション」(+)ボタンで変更できる。
「Splatoon2」先行試射会に参加してみた、めちゃめちゃ楽しい
ブキを選ぶ画面。スプラシューター、スプラローラー、スプラチャージャー、スプラマニューバの4つから選ぶ。「+ 」を押すとオプション画面で設定変更できる

特に重要なのはカメラオプションだろう。ジャイロ操作の感度から、オンオフ、スティックで操作する際のカメラ反転等を設定できる。視点を変え、狙いを付けるのがキモのゲームなので、納得のいく設定にしたい。

「Splatoon2」先行試射会に参加してみた、めちゃめちゃ楽しい
カメラオプションおよび色覚サポート設定を行える。自分にとって最適な設定を探そう

Xボタンに注意


設定を変更し、武器を選んだらいよいよ「なわばりバトル」だ。ブキはスプラシューター、スプラローラー、スプラチャージャー、スプラマニューバの中から選ぶ。

以前と同じブキでも、調整がされていて若干操作感覚が異なるようだ。たとえばスプラローラーでは、ローラーを振る際に地上では横振り、空中では縦振りとなりより遠くまでインクが届くようになった。
「Splatoon2」先行試射会に参加してみた、めちゃめちゃ楽しい
なわばりバトルでは敵を倒すよりも地面をどれだけ塗ったかで勝敗が決まる。各ブキも前作とは微妙に挙動が異なったりしているので、探りながら遊ぼう

他にもサブウエポンやスペシャルウエポンが違っているので、この機会にいろいろ試してみよう。

対戦時に一番戸惑ったのは、「X」ボタンだ。ジャンプをしようと思って「X」を押すと、マップが開いてしまう。
前作では常にゲームパッドにマップが表示されていたのだが、手元に画面がないSwitchではボタンで呼び出すようになり、それが「X」に割り当てられているのだ。

何が問題かというと、前作のノリでジャンプをしようとしたらマップを開いてしまい、しかもマップ画面では周囲がぼやけて表示されるため、自分やすぐ近くにいる敵の動きを把握できないし、狙いをつけられない。
「Splatoon2」先行試射会に参加してみた、めちゃめちゃ楽しい
「X」ボタンを押すとジャンプではなくマップが出る。マップは、周囲がぼやける(一応裏で動いているのが何となくわかる)ため、敵が近くにいるときに間違えて開くと一気にピンチに陥ってしまう

マップを開かないでジャンプができるよう、慣れるまで時間がかかった。前作をやりこんだ人ほど間違えやすいと思われるので注意したい。

あっという間の1時間


試射会では通信エラーも1度だけで、とくにラグや処理落ち等もすることもなく快適に遊べた。最初は心配していたゲームパッドじゃなくコントローラーを使うという部分も、ジャンプボタンの違いに慣れた後は何も問題がなかった。


新しいマップ「バッテラストリート」「フジツボスポーツクラブ」の構造を把握できていないプレイヤーが多いためか、とんでもないところから不意打ちされることも少ない。ギアがそろっていないせいか、インク切れが心持ち早いような気もするし、安全シューズのような装備がないので敵のインクを踏むとかなり動きが鈍ってしまう。

でも、それが新鮮で、改めてSplatoonの楽しさを実感できた。楽しすぎて、眠かったはずなのに1時間(実際には10分ほどつなげっぱなしにしていたら遊べた時間があった)が本当にあっという間に終わってしまったほどだ。

このあと、5回ほど試射会があるが、可能な限り遊ぶ予定だ。もし当たったらお手柔らかにお願いしたい。

(杉村 啓)