review

「べっぴんさん」145話。幸せのマルチエンディング感

新聞には「創業者4人」とちゃんと描かれていた。初期に明美(谷村美月)が新聞記者に無視された件があったなあと懐かしく思う。仕事も順調で日本中を飛び回っている栄輔(松下優也)に土産をいろいろ買ってきてもらって、明美は人生のすべてをリベンジして見える。

明美といえば、25日にアップされた「べっぴんさん」公式サイトの谷村美月のインタビューで、143話のことを語っているのだが、「一緒の墓に入りたい思うたら、籍入れてもええし」という台詞が出て来る。そんな台詞あった? 「いやや思ったらおらんようになっていい」じゃなかった? まさか聞き違い? と録画とオンデマンドを見返すと、やはり「いやや思ったらおらんようになっていい。かっちり縛られるんじゃなくて、臨機応変に」しかない。撮影時に台詞が変わったか。アフレコで変えたのか。ある意味、これもマルチ展開?
余談だが、この場面、「一緒になったらどやろ」と言われた瞬間、後の水飲み鳥が動き出す。これも「べっぴんさん」らしいニクイ演出である。

話を戻そう。
すみれがお直し部をやることになってうきうきしていると、紀夫(永山絢斗)が「僕もなんか見つけたいなあ」と言って、そののち、カメラを買ってくる。
映写機はどうしたんだ! 映画を趣味にしたらいいじゃないか! でもこういう新しいものに飛びついては飽きる人ってよくいるよね。

なぜキスシーン


健太郎とさくら(井頭愛海)が、自分たちも何かしなくちゃと思い、本店をリトル・ワンダーランドにする。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「べっぴんさん」145話。幸せのマルチエンディング感」の みんなの反応 7
  • 通報

    このドラマの出来に大満足していると言う脚本家の神経を疑う。周りから何も入って来ないのか?おめでたい人もいるもんだ。

    25
  • jun 通報

    13才も年上のおっさんとキスさせられた井頭愛海ちゃんが、かわいそう。いつものように、ギリギリで止めさせてあげればいいのに。朝ドラのキスシーンなんて誰も期待してないと思うけど…

    22
  • 匿名さん 通報

    やっと、このねつ造クズドラマが終わると思うとうれしいよ、ってモデルの会社の人がしみじみ言っていた

    14
  • tomo 通報

    「ようこそリトルワンダーランドへ」って大勢で叫んだ時、健ちゃんに抱っこされてた藍ちゃんがビックリしてピクピクしていた!突然の大声は怖いよね。耳栓でもしてあげればよかったのに。

    12
  • もも 通報

    紀夫くん、ちびまる子ちゃんのたまちゃんのお父さんの様に写真撮りまくってる。すみれ以外に熱中するものが出来て良かったね。

    9
この記事にコメントする

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

べっぴんさん

べっぴんさん

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のレビュー記事一覧。

2017年3月27日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連続テレビ小説 まんぷく

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。