bit

阪神電気鉄道の謎サービス「本専門トランクルーム」とは?

阪神電気鉄道株式会社が行うレンタルトランクルーム事業の中で、「risoco books」という、本専門のサービスを開始したという。
阪神電気鉄道の謎サービス「本専門トランクルーム」とは?

本を集めている人は本=宝物という方も多く、置き場は無いけど本は増え続けているという人の話をよく聞く。預けることに不安はあるかもしれないが、本棚からはみ出して部屋に積みあがった本の置き場に困っている方に朗報ではないだろうか。
預けた本はどんな場所に保管されていて、どんな管理をされているのかを利創庫事務局の中谷氏に聞いてみた。


本専門トランクルームならではのサービスとは?


利用の流れは下記の通り。
(1)Webで会員登録をして専用ボックス(キット)を購入する。
(2)荷物を詰める(重量は20kgまで)
(3)同封のテープで封印後、キットに同封されている着払い送り状を貼り、佐川急便に集荷を依頼する。
(4)倉庫で保管される

専用ボックスのサイズは縦440×横320×高さ210(mm)。文庫本サイズなら約100冊、新書サイズなら約60冊、単行本(ハードカバー)サイズなら約30冊が入る大きさだという。
専用ボックスは1箱あたり250円で、個品登録料が1箱あたり200円(30冊まで、30冊を超える場合は1冊10円で登録)。保管料は1箱・1カ月あたり300円という料金体系。
自宅にいながら利用できるので、外出が難しい方でも手軽に利用できる。

本専門というからには、通常のトランクルームサービスとは違って本に特化したサービスがあるのだと思うけど、それはどんなところなのか、本好きとしてはやはり気になる所。

「書籍を預かりするだけではなく、1冊1冊ご登録をさせていただき、預けているものをMyPageでご確認いただけます。また1冊単位での取り出しも可能です。4月中には取出した本を元の箱に戻す事ができる再入庫という機能も実装予定です」

1冊1冊をきちんと管理してくれて、必要になったときに1冊からを送ってもらうことだって可能なのだ(120円/冊+300円、箱での取り出しは預入翌月から1年未満の場合は800円/箱、1年以上預けると無料)。
阪神電気鉄道の謎サービス「本専門トランクルーム」とは?
シュリンクという本を1冊ずつ専用のビニールフィルムで覆うオプションもあるので本が汚れる心配も不要だ

阪神電気鉄道の謎サービス「本専門トランクルーム」とは?
シュリンク(1箱あたり)300円/箱(30冊まで・30冊を超える場合は1冊10円)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月4日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。