90s

プロ野球開幕時期に観たい映画第1位『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』の魅力【キネマ懺悔】

プロ野球開幕時期に観たい映画第1位『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』の魅力【キネマ懺悔】
『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』
春が来た。今年もプロ野球ペナントレースが始まる。この原稿を書いているのは東京ドームの開幕戦、プレイボール1時間前。あんた予定ギリギリじゃねえかって、その理由は昨晩とある映画をじっくり観賞していたからだ。

個人的に、毎年プロ野球開幕時期に観たい映画ランキング心のベストテン第1位、『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』である。

映画とシンクロしていた現実のケビン・コスナー


99年アメリカ作品、マイケル・シャーラの原作小説をベースに、主演は泣く子も黙るケビン・コスナー。あのファンタジー溢れる野球映画の金字塔『フィールド・オブ・ドリームス』から10年後に作られた『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』はやけにリアルで切実だ。

なにせあのキング・オブ・イケメン俳優が、40歳の哀愁漂うベテラン投手ビリー・チャペルを演じるのである。
90年前半は全盛期バリバリだったコスナーも映画公開時には44歳。さすがに歳を取り、90年代後半は新世代のブラッド・ピットやレオナルド・ディカプリオにその座を奪われていた。80年代はスーパースター、だが悲しいけど俺も歳を取った。それでも、まだまだ若いものには負けないぞ。

いわば、この映画のビリー・チャペルと現実のケビン・コスナーが置かれた立場はかなりシンクロしていたのである。

映画の冒頭ではロッカールームでユニフォームに着替える際、コスナー演ずるビリー・チャペルが自らの弛んだ横っ腹を自嘲気味につまんでみせる。生え際の後退した髪に中年太り。そこにいるのは、筋肉質の肉体派ハリウッドスターではなく、世の中のお父さんたちと同じ40男だ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「プロ野球開幕時期に観たい映画第1位『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』の魅力【キネマ懺悔】」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    昔は楽しみだったが、最近は「自分でやりもしないのに、人生の半分もこんなのに捧げてもいいんだろうか?他に娯楽は腐るほどあるのに」と考えて距離を置くようになる。報告は勝手だがほっといて。

    1
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月31日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。