smadan

新社会人がかかりがちな魔法「同期同士の社内恋愛」には気をつけろ!


2:同期チャンスは1回しかない!
また同期同士でカップルになると、もれなく周りの同期から応援してもらえて、最初は和気あいあいとした恋愛を楽しむことができます。しかし、大変なのは別れた後です。先ほど入社後すぐに同期同士で付き合うと別れる可能性が高いとお話しましたが、別れた後は周りが気を使ったり、当人同士も顔を合わせたりと面倒がつきまといます。

また仕事に慣れてくると、意外と当初想定していなかった別の異性を好きになることもあります。そんな時、お互い恋愛関係に持ち込みにくい状況が待っています。なんていったって同期同士で兄弟になるわけですから、うかつにあなたも相手も、恋愛関係をスタートできません。

この落とし穴に実際はまった女性が友人の中にいます。
彼女は別れて数年しても、別の同期に合コンを頼むこともできなくなり(頼むともれなく元彼の同期男性を引き合いに出されるから)、また同期飲み会ではお互い独身が長かったため「二人って付き合ってたよね」と3年以上たっても名指しされることがあったそう。周りとしては元サヤを狙って背中を押していたのかもしれませんが、彼女的には付き合ったのを非常に後悔したそうです。
同期とのチャンスは1回限定。ぜひ心の中にとどめておいてください。

3:同期チャンスを発動させると、他の出会いの芽がなくなる
また同期チャンスを最初に発動させ恋愛してしまうと、実はその他の出会いの芽が消えてしまいます。
筆者が社会人時代に目撃したのは、新卒男子を合コンに連れていくのが楽しみという先輩が部署の新人を誘った際、「同期の彼女がいる」という男子はメンバーから除外していたシーンです。
彼女がいるなら何ら残念がるシーンではないかもしれませんが、彼女が同期にいるから合コンを辞退した新卒男子。この3カ月後に同期とお別れシテ閉まったんです。トホホとしか言えませんが、同期同士で早い段階で付き合うと、先輩たちの優しい洗礼や恩恵を受けることができなくなります。
恋愛は勢いが大事といいますが、この時期の社内恋愛はぜひちょっとだけ慎重に進むことをお勧めします。

余談ですが、世の結婚した夫婦の出会いの場は職場が一二を争う多さです。
それくらい職場での出会いや、そこから発展する人間関係は大切なもの。仕事を覚えることはもちろんですが、人間関係は早期に発展させすぎないことも、ちょっと気に留めてもよいかもしれません。
(おおしまりえ)

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月14日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。