review

今夜3話「小さな巨人」わんこ俳優・岡田将生は長谷川博己のストーカーに見える

       
TBS系夜9時からの日曜劇場『小さな巨人』。警察組織の中で挫折を味わいながらも自らの正義を貫く男の戦いを描く。大ヒットドラマ『半沢直樹』のスタッフが結集したことでも話題だ。先週放送された第2話の視聴率は13.0%。右肩上がりというわけにはいかなかったが、まずまずの数字だろう。
今夜3話「小さな巨人」わんこ俳優・岡田将生は長谷川博己のストーカーに見える
公式サイトより

事件の鍵を握っていたのは映像加工だった


捜査一課から所轄の警察署に左遷された香坂真一郎(長谷川博己)は、所轄の刑事・渡部久志(安田顕)と組んで、巨大IT企業ゴーンバンクの内部で起こった謎の自殺を追う。

第1話ではゴーンバンク社長の中田(桂文枝)が誘拐されるという事件が起こったが、事件の引き金になったのは中田の息子・隆一(加藤晴彦)が経営するナカタエレクトロニクスの取引先、風見エレックの風見京子(富永沙織)の自殺だった。裏側では京子が開発した防犯システムの技術がナカタエレクトロニクスに流出していたのだ。

第2話では、香坂と渡部は独自に捜査を進め、京子の自殺の鍵を握るナカタエレクトロニクスの社員、池沢菜穂(吉田羊)に行きつく。池沢のトリックを暴いた香坂は、京子の自殺が実は殺人だったこと、そして京子をビルから突き落とした第3の人物がいたという池沢の証言を得る。しかし、すんでのところで捜査一課が逮捕してしまい、取り調べで「自分がすべてやった」と供述を一変させてしまった。

ラストに登場するゴーンバンク社長の中田(桂文枝)は、料亭で酒を酌み交わしながら「捜査一課長のおかげで助かりましたよ」と捜査一課長・小野田義信(香川照之)に語りかける。普通に考えれば、誘拐事件で助けられた話をしているように見えるが、小野田が違う件でゴーンバンクを助けたようにも取れる。警察OBがゴーンバンクの系列に大量に天下りしていることも明らかになっており、両者が結託する巨悪の存在がいよいよ見えてきた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

小さな巨人

小さな巨人

TBS系ドラマ「小さな巨人」レビュー一覧

2017年4月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。