smadan

経産省の若手作成「高齢者=弱者」に異議を唱える資料に絶賛の声

経産省の若手作成「高齢者=弱者」に異議を唱える資料に絶賛の声

5月18日に行われた経済産業省の産業構造審議会第20回総会で配られた資料「不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」が、SNSなどネット上で話題になっている。

省内の若手が日本へ問題提起した熱い資料が話題に!


この資料は「次官・若手プロジェクト」という省内の20代、30代の若手30人で構成されたグループがつくったもので、日本の現状のさまざまな問題点を提起。日本には漠然とした不安や不満があるとし、「正直、いろいろ変わりすぎてついていけない」「そろそろシンガポールに脱出かな」「このままじゃダメなのは明らかなのに、なんでこの国は変われないんだろう」といった個人の言葉らしきものを取り上げている。

主な論点は高度経済成長の時代につくられた社会システムが現在も維持され、時代や個人の変化に対応できていないというものだ。「このことが人々の焦り、いら立ち、不安に 拍車をかけているのではないか。なぜ日本は、大きな発想の転換や思い切った選択ができないままなのだろうか」と問いかけている。

その中で踏み込んだ議論がされているのは、高齢者の問題だ。以下のような切れ味のよい言葉が並ぶ。
「現在の社会システムは、ある年齢で区切って一律に『高齢者=弱者』として扱い、 個人に十分な選択の機会が与えられていない」
「高齢者は一律に弱者として手厚く保護する一方、『子育ては親の責任』、『現役世代は自己責任』と突き放し、 意欲のある若者にも高齢者にも活躍の『場』を提供できていない日本」

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月19日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。