90s

「156キロを投げる一般人のおっさん」を描いた異色の野球映画『オールド・ルーキー』【キネマ懺悔】

地元で仕事に就き、結婚して家族を持ち、年を取る。思春期とはまた別の「これでいいのかな俺の人生……」状態に物足りなさを感じる男の悲しい性。

ジム・モリスが交わした約束


そんなデニス・クエイドが演じるジム・モリスは子どもの頃から無類の野球好き。しかし、海軍勤務で転勤の多い父親からは引っ越し中にグローブを失くすと「人生には野球より大切なのがあると早く気付け」と理不尽に叱られる始末。

高校卒業後に大学野球でプレーしていたらドラフト指名され、憧れのメジャーリーガーへの夢が叶うと思ったが、左肩の故障が原因で24歳の若さで現役引退。幼少時代を過ごしたテキサスに戻り、安月給の高校教師をやりながら、野球部監督に就く。

そしてある日、試合で大敗を喫した弱小野球部のナインに向けて「夢と誇りを持て」なんつって説教している際に、逆に生徒達から「そう言う先生の夢はなんなの?」と突っ込まれる。

練習でモリスの全力投球を目にしていた彼らは、あれだけのスピードボールを投げられる教師はそうはいない。もったいないよとモリスを責める。そして「俺らが地区優勝して州大会に出ることができたら、監督もどこかのプロチームのテストを受けてください」と約束を交わすのだ。

「156キロを投げる一般人のおっさん」のリベンジ


映画前半部の1時間あたりまでは『がんばれベアーズ』の現代版のような展開が続く。ダメチームが一致団結して地区優勝を勝ち取るお約束のストーリー。正直、けっこう退屈でしんどい。

あわせて読みたい

  • 野球界の裏側を描いた幻の問題作!ビデオテープで観る映画『ドラフト』の魅力【キネマ懺悔】

    野球界の裏側を描いた幻の問題作!ビデオテープで観る映画『ドラフト』の魅力【キネマ懺悔】

  • プロ野球開幕時期に観たい映画第1位『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』の魅力【キネマ懺悔】

    プロ野球開幕時期に観たい映画第1位『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』の魅力【キネマ懺悔】

  • あらゆる野球界の未来を大胆予想、奇跡の映画『メジャーリーグ』シリーズ【キネマ懺悔】

    あらゆる野球界の未来を大胆予想、奇跡の映画『メジャーリーグ』シリーズ【キネマ懺悔】

  • プロ野球助っ人選手の教科書映画「ミスター・ベースボール」【キネマ懺悔】

    プロ野球助っ人選手の教科書映画「ミスター・ベースボール」【キネマ懺悔】

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2017年5月19日の90s チョベリー記事
    「「156キロを投げる一般人のおっさん」を描いた異色の野球映画『オールド・ルーキー』【キネマ懺悔】」の みんなの反応 5
    • 匿名さん 通報

      柔道で156KGの人を投げ飛ばす一般人ならたくさんいる。

      3
    • 匿名さん 通報

      156kBのデータをぶん投げるだけの駄目人間なら、そこいらにざらに居すぎて困る

      2
    • 匿名さん 通報

      俺は無理して30代後半で夢をかなえたけれど、おかげで年収は半減した。カツカツの人生だよ。「夢を実現しちゃった悲哀」というのもあるんだよなぁ……。後悔はしていないけどね。

      2
    • 匿名さん 通報

      一般人ではなく元プロ野球選手。ドラフト一巡目全体4位で指名を受けるも肩の故障で解雇。35歳で再挑戦、実働2年の夢は実現したが、結果を残せなかった野球にしがみ付いた男の人生。

      2
    • 匿名さん 通報

      おっさん(35歳) …おっさん言うなよ

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース