ASH DA HERO 主催ライブで宣言 「日本のロックンロールシーンを面白くするのは俺だ!」
撮影/前田俊太郎

ASH DA HEROが5月18日、東京・Shibuya TSUTAYA O-WESTにて『ASH DA HERO 2MAN SHOW SERIES 2017「CONNECT X」【ACT.4】』と題したMICHAEL(松岡充・豊田和貴)とのツーマンイベントを開催した。

2017年に入ってからマンスリーイベントとして開催してきた「CONNECT X」も今回で4回目。今回のツーマンは、先月赤坂BLITZで開催されたMICHAEL主催の『MICHAEL SPRING JUMPING CIRCUS 2017』でも顔を合わせた二組だ。

イベントは、ゲストとなるMICHAELの「かくこそありしか合縁奇縁」で開幕。
ステージ中、何度も主催のASH DA HEROに感謝を述べるボーカル松岡充。実はMICHAELの二人にとってTSUTAYA O-WEST(当時のON AIR WEST)は思い入れの強い会場だという。SOPHIAとしてステージに立った当時の想いを語り、支えてくれるスタッフとファンへの感謝を述べ、演奏された「僕の場所」「東京」はいつにも増してエモーショナルに響いた。そしてステージは終盤へ。ラストはMICHAELの代表曲である「こころ」で締めくくった。

続くASH DA HEROの登場を待つ会場。事前にASH自身のSNSで新曲披露の告知をしていただけに、ファンの期待は最高潮に高まっている。そして登場したASH DA HEROはシンボルであるフラッグを高々と掲げ、ニューアルバム『A』のオープニングを飾るナンバー「WE'RE GONNA MAKE IT」の初披露で猛々しくスタートを切ると、ロックナンバーで中盤まで駆け抜けた。