review

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」妙なタイトルも見終わってみれば腑に落ちる

変則的なフィルムノワールかな……と思ってたら、あれよあれよと正統派のヒーロー誕生物語になる。妙なタイトルも見終わってみれば腑に落ちるという一本が『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』である。
「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」妙なタイトルも見終わってみれば腑に落ちる

スーパーパワーを手にいれたチンピラの物語


舞台は爆弾テロが相次ぐ現代のローマ。孤独な中年のチンピラであるエンツォはその日も警察に追いかけ回され、逮捕を避けて川の中に飛び込んだ。ところがその川には謎の化学物質が捨てられており、水を飲んでしまったエンツォは超人的な怪力と治癒能力と打たれ強さを身につけてしまう。

降って湧いたスーパーパワーを使い、ATM強盗などケチなチンピラ稼業に精を出すエンツォ。だがナポリとローマのギャングが絡む薬物取引の最中に、エンツォの面倒を見ていたセルジョが射殺されたことで状況は一変。エンツォはセルジョの一人娘であり、虐待によって精神障害を負い『鋼鉄ジーグ』の世界に閉じこもるアレッシアの面倒を見る羽目に。一方失敗に終わった取引がこじれてナポリとローマのギャングで抗争が勃発。エンツォのパワーを狙うローマの組織のボス、ジンガロが暗躍を始める……というお話である。

1975年に日本で放送が開始されたロボットアニメ『鋼鉄ジーグ』は1979年にイタリアでも放送された。現地では当時から大人気なんだそうで、本作の監督であるガブリエーレ・マイネッティ氏も少年時代から『鋼鉄ジーグ』のファンだとか。劇中では『鋼鉄ジーグ』に「虐待で精神障害を負った女性が大切にしている作品」というツイストをかけることで、一見突拍子もないこの要素が物語全体に深い哀愁をもたらしている。

あわせて読みたい

  • 「夜明け告げるルーのうた」でガン泣き

    「夜明け告げるルーのうた」でガン泣き

  • レビューの記事をもっと見る 2017年5月27日のレビュー記事
    「「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」妙なタイトルも見終わってみれば腑に落ちる」の みんなの反応 6
    • 匿名さん 通報

      フランスやイラクのグレンダイザー的な存在なのね。意図せずとも浸透するからこそ日本アニメが評価されてるんだよな。やっぱ国のごり押しクールジャパンじゃ良さは伝わらないわ。

      6
    • 匿名さん 通報

      ギャングって埴輪原人なの?

      5
    • 匿名さん 通報

      鋼鉄ジーグというからオレはてっきり主人公が巨大ロボットの頭部パーツに変形する話かと思ってしまったぜよ。単にヒーローの記号なのね。

      2
    • 匿名さん 通報

      ATM強盗ってチンピラの範疇なの?まぁ、芸能人もチンピラもヤクザも犯罪者も同意語か。

      1
    • 匿名さん 通報

      う〜ん、よくわからない。鋼鉄ジーグって

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。