smadan

ソフトバンクが新卒採用にAIを導入してネット動揺「機械に自分の人生を決められてしまう時代に…」

ソフトバンクが新卒採用にAIを導入してネット動揺「機械に自分の人生を決められてしまう時代に…」
画像はイメージです。

ソフトバンクは、新卒採用のエントリーシート評価過程にIBMの人工知能(AI)「ワトソン」を導入したと5月29日に発表した。これに対しSNSなどネット上では動揺の声が上がっている。


AIがエントリーシートの記述を3段階で評価


対象は、総合職志望者用エントリーシート(入社時に30歳未満の既卒者・他企業での就業経験者も含む)にある設問2問のうち1問の記述内容。ワトソンの自然言語処理機能によって内容が認識され、項目ごとに評価が提示される。朝日新聞などによると、昨年12月以降に人事担当者がつけた約1500人分の評価を学習させており、「自身の強みを発揮したエピソード」を答える記述について3段階で評価するという。

判定の結果、合格基準を満たさなかったエントリーシートは、人事担当者があらためて確認する。また、もう1問にはワトソンは使わず、合否の最終判断は人間が決定する。

ソフトバンクは、採用にAIを活用して評価基準を統一することで、より公平な選考を目指すほか、人事担当者の作業時間が75%程度軽減できるため、応募者との対面でのコミュニケーションに時間を充てるとしている。


AIが評価を決めることに抵抗感のある人も


AIを活用した採用選考に賛成する人からは「一定水準を満たすかどうかみたいな単純作業はAIで良い」「エントリーシートの選抜は滅茶苦茶時間かかるからありだと思う」「いいと思うよ。大人数が試験を受ける会社はそうやって切っていかんとね」といった声を上げている。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月30日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。