smadan

男性の料理を促す内閣府「おとう飯」に賛否 まずは労働時間を減らしてとの声も

男性の料理を促す内閣府「おとう飯」に賛否 まずは労働時間を減らしてとの声も
内閣府『「“おとう飯”始めよう」キャンペーン』公式サイトより。

料理を担当する父親を増やす「おとう飯(はん)」キャンペーンが内閣府男女共同参画局によってスタート。その内容にネット上では賛否両論の声が上がっている。

やらないよりマシ? 余計なお世話?


政府は男女が平等に活躍できる社会を実現するため、さまざまな取り組みを行ってきている。その一環として6月12日に始まったのが、男性が積極的に料理を行うように促す「“おとう飯”始めよう」キャンペーン。内閣府の公式サイトには特設ページが設けられたのだが、そのキャンペーンの趣旨として「簡単に、手間を掛けず、多少見た目が悪くても美味しければ、それが“おとう飯”」と説明されている。

忙しい主婦にとって大助かりに見えるキャンペーンだが、女性からは賛否両論の声が続出することに。男性に料理を分担してほしいという人からは、「おとう飯、うちはやってほしい。下手でもいいからご飯作れるようになってほしい。休みの日だけでもご飯作ってほしいよ」「おとう飯がきっかけでゼロだったものが1にでも2にでもなるなら、やらないよりはマシじゃないかな」といった声が上がっている。

その一方で、おとう飯が“手間いらず・見た目も悪くてOK”とされていることに違和感を覚える人もいる。「おとう飯が『簡単に出来て盛り付けが適当でもいい!』ってことは、おかあ飯は『凝って盛り付けも美しくあるべき』ってことだし、また余計なお世話がひっついてきてるよ!」「おとう飯はすべてのおかあ飯に喧嘩を売ってるな。おかあ飯は手間と見た目かよ。見た目が悪くて何が悪い。手早く適当に作ってもお腹いっぱいで文句が出なきゃいいんだよ」といった反発を招く結果に。

あわせて読みたい

  • アンガールズ山根のイクメンっぷり 芸人から批判も女性からは大絶賛

    アンガールズ山根のイクメンっぷり 芸人から批判も女性からは大絶賛

  • NHKが育児男性のイクメンブルーを特集 視聴者女性から「甘えじゃないの?」の声

    NHKが育児男性のイクメンブルーを特集 視聴者女性から「甘えじゃないの?」の声

  • スマダンの記事をもっと見る 2017年6月14日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。