review

「パトリオット・デイ」ボストンマラソン爆弾テロ犯逮捕までの102時間、どうやって日常を取り戻すのか

2013年4月15日に発生した、ボストンマラソン爆弾テロ事件。映画『パトリオット・デイ』はこのテロ事件が発生してから犯人たちが逮捕されるまでの流れを緻密に追った群像劇である。
「パトリオット・デイ」ボストンマラソン爆弾テロ犯逮捕までの102時間、どうやって日常を取り戻すのか

爆弾テロ犯逮捕までの102時間を丹念に追う


監督ピーター・バーグ、主演マーク・ウォールバーグという、あんたらその組み合わせ何回めだよ、な実録コンビによる一作。ちょっと前に公開された『バーニング・オーシャン』もこの二人による映画で、こっちもアメリカでは2016年に公開されている。しかしピーター・バーグ、多作である。

殺人課の刑事トミーは、4月15日の朝から本来の業務とは無関係なはずのボストンマラソンの警備に駆り出されていた。毎年祝日である「パトリオット・デイ(愛国者の日)に開催されるこのマラソンは今年で117回目。50万人の観衆を集めるビッグイベントだ。トミーの担当はゴール地点付近。レース開始から4時間あまりが経過し、次々にランナーたちがゴールしてくる。

その最中、トミーの背後でいきなり大爆発が発生! 周囲は戦場のような大混乱に陥る。続出する負傷者。逃げ惑う人々に、爆発を知らずゴール地点に突っ込んでくるランナーたち。パニックとなる現場を走り回り必死で無線連絡を入れるトミー。

間も無く到着したFBIのリックら捜査班は、現場に散らばった対人殺傷用の金属片を発見し、「これはテロだ」と確信。現場はFBIが管轄することに。犯人逮捕に燃えるボストン市警と強権的なFBIとの確執の中、トミーは負傷者たちへの聞き込みを開始。やがて捜査線上に不審な「黒い帽子の男」と「白い帽子の男」が浮上するが……。

あわせて読みたい

  • 十代から人を殺し、拷問する少年たち。この凄惨な現実を見よ『メキシコ麻薬戦争』

    十代から人を殺し、拷問する少年たち。この凄惨な現実を見よ『メキシコ麻薬戦争』

  • 沢木耕太郎が迫った「ロバート・キャパ」の真実

    沢木耕太郎が迫った「ロバート・キャパ」の真実

  • 箱根駅伝、最下位からはじまった青学史

    箱根駅伝、最下位からはじまった青学史

  • 箱根駅伝無念の「途中棄権」伝説

    箱根駅伝無念の「途中棄権」伝説

  • レビューの記事をもっと見る 2017年6月16日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら