review

「ハクソー・リッジ」正気と狂気と地獄の戦場。ややこしいままに叩きつけられたよ

極めて生々しい戦争映画でありながら同時に一人の狂人の物語でもあり、宗教的な映画としても成立している。『ハクソー・リッジ』は、多面体のような作品だ。
「ハクソー・リッジ」正気と狂気と地獄の戦場。ややこしいままに叩きつけられたよ

空気の読めない田舎の青年、衛生兵として沖縄へ


主人公デズモンド・ドスは、ヴァージニアの田舎で育った若者。彼は幼いころのある事件が原因となったトラウマと、自らに課した「誰も殺してはならない」という宗教的な戒律を持つ青年だった。第一次大戦への従軍で精神に傷を負い酒に溺れるデズモンドの父と、その父に殴られる母。厳しい家庭環境ながら、彼は地元の看護師ドロシーと恋に落ちる。

第二次世界大戦が激化する中、デズモンドは志願して陸軍に入隊する。衛生兵ならば自分も祖国に対して貢献できると考えたのだ。厳しい教練を苦もなくこなすデズモンドだったが、射撃訓練だけは断固として拒否する。彼は己に課した戒律により武器に触れることができない。連帯責任を取らされた周囲の兵士にボコられ、上官からは除隊を促されるデズモンド。しかし強情な彼は頑として譲らず、ついには軍法会議にまで発展してしまう。

意外な人物の協力によって軍法会議を乗り切り、デズモンドには衛生兵として訓練を受けることが許される。かくして1945年5月、訓練を終えたデズモンドが送り込まれたのは、当時戦闘が激化していた沖縄だった。日本軍の司令部がある首里にほど近い前田高地、米軍名ハクソー・リッジという戦場。切り立った断崖の向こう側への進撃が必要なため、戦車や大型の火砲は使えず、歩兵が断崖を縄ばしごで乗り越えて攻略するしかない場所だった。断崖の"あちら側"から"こちら側"へ、負傷兵を救い出すデズモンドの戦いが始まろうとしていた。

あわせて読みたい

  • 最もパンクなアーサー王伝説映画に興奮

    最もパンクなアーサー王伝説映画に興奮

  • 「リベンジ・リスト」でトラボルタ万歳

    「リベンジ・リスト」でトラボルタ万歳

  • パトリオット・デイ ボストン爆弾テロ

    パトリオット・デイ ボストン爆弾テロ

  • 「コール・オブ・ヒーローズ」ベタ最高

    「コール・オブ・ヒーローズ」ベタ最高

  • レビューの記事をもっと見る 2017年6月25日のレビュー記事
    「「ハクソー・リッジ」正気と狂気と地獄の戦場。ややこしいままに叩きつけられたよ」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      メル・ギブソンもよくCMで顔出しできるよなって思ったけど、このレビュー書いた人も神経が極太だね。どっちも(メルは中国から、この人は配給会社から)たんまりお金貰ってんだろうね。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース