bit

最も落としにくい染み汚れって何?「カリスマ修復師」に真髄を教わった

       
そこで福永さんに、身近にある醤油やソース、ジュース、油、インク、カレー、コーヒー、口紅、墨汁、血液などのうち、どれが最も取れにくいのかのランキングをつけてほしいとお願いした。すると、ランキングは上位3位しかないとのことだった。この3種類以外は、とくに取れにくさは変わらないというのだ。

第1位 墨汁
第2位 大量のインク
第3位 時間が経って凝固した血液


●墨汁
最も落としにくい染み汚れって何?「カリスマ修復師」に真髄を教わった

「墨汁はインクと性質がまったく違います。墨汁は水に溶けない不溶性という性質を持つ細かい粒子の集まりなので、繊維に入り込んでしまうと抜き取りにくくなります。とくに綿は取れないですね。また、墨汁はついた直後でも、時間が経った後でも取れにくさは変わりません。
インクなら、下地が白の場合、漂白して色を抜くことができますが、墨汁は漂白しても取れません。墨汁用の粘度のある染み抜き剤を独自でつくっており、それを使って落とします。ただ、無理はしません。取れないのが分かってるから。やりすぎると繊維を傷めてしまうので」

●大量のインク
最も落としにくい染み汚れって何?「カリスマ修復師」に真髄を教わった

「インクは水に溶ける水溶性と油性がありますが、油性より水溶性のほうが落としにくいです。ボールペンなら、油性ボールペンよりも、ゲルインクのボールペンのほうが落ちにくいです。とくに大量に水溶性のインクがこぼれてついてしまった場合は、生地が染まってしまうので落としにくくなります。

油が落ちにくいイメージがあるかもしれませんが、実は落としやすいのです。油性インクは油分の膜で覆われている感じで付着します。油分は性質上、揮発していくため、インクだけが残りますが、油であれば逆に油分系の染み抜き用剤を使うことで溶かしやすいともいえるのです。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「最も落としにくい染み汚れって何?「カリスマ修復師」に真髄を教わった」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    すごくためになる記事でした。 プロでも落とせないシミってあるんですね。 無理はしない事が大事というのも納得できました。

    6
  • 匿名さん 通報

    醤油やソースとは」違いますが、茶色い鉄サビが服についたらもう諦めています。とれなーい!!でも一度はプロに聞いてみるのがいいのでしょうね。

    3
  • 匿名さん 通報

    とにかく、すぐ落とす!ということも大事です。時間がたつと取れるものもとれなくなる。カレーは洗剤、漂白剤で赤く変化してとりにくいです。

    3
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。