bit

最も落としにくい染み汚れって何?「カリスマ修復師」に真髄を教わった

       
水溶性のゲルインクなどは、製造時にアルコールなどで溶かしているので、繊維に浸透しやすく染み込みやすく、内部で染まってしまいやすい傾向があります。

落ちにくい場合、独自で作った、インク系のものを落とす専用のものを使って落とします。下地が白であれば色を抜きます。柄物であれば、あとから染色することもありますが、やはり状態としてはきびしくなってしまいます」

●時間が経って凝固した血液
最も落としにくい染み汚れって何?「カリスマ修復師」に真髄を教わった

「時間が経過し、タンパク質が凝固して硬くなった血液は非常に落ちにくいです。革についてしまったらアウトです。革は血液によって素材が変化してしまうからです。動物の皮膚なので、影響を受けやすいのだと思います。
血液は、タンパク質を分解する酵素を使って落とします。しかし、固まってしまったものは落ちにくいですね。魚屋さんの腰に巻くエプロンみたいなのは、落ちにくい部類に入るかと思います」

(石原亜香利)

取材協力
福永真一さん
株式会社染匠技術部会 代表取締役。修復師。
1994年、東京にある高級インポート専門のメンテナンスを行う会社に入社し、シャネル、エルメス、コーチ、ヴィトン、グッチなどの高級インポート商品のメンテナンスの基礎を習得。その後、さらなる技術習得を経て、最先端の染色補正技術による「再生加工」、究極のしみ抜き「匠抜き」のプロデュースなどが、新聞・雑誌・TVなどで紹介される。2007年「家庭でカンペキしみ抜きBOOK」(宝島社)出版。2008年「染み抜き王子」として各メディアに取り上げられ、NHK「ためしてガッテン」、日テレ「おもいっきりイイテレビ」など多数出演。
http://karisuma929.blog.jp/

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「最も落としにくい染み汚れって何?「カリスマ修復師」に真髄を教わった」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    すごくためになる記事でした。 プロでも落とせないシミってあるんですね。 無理はしない事が大事というのも納得できました。

    6
  • 匿名さん 通報

    醤油やソースとは」違いますが、茶色い鉄サビが服についたらもう諦めています。とれなーい!!でも一度はプロに聞いてみるのがいいのでしょうね。

    3
  • 匿名さん 通報

    とにかく、すぐ落とす!ということも大事です。時間がたつと取れるものもとれなくなる。カレーは洗剤、漂白剤で赤く変化してとりにくいです。

    3
この記事にコメントする

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。