bit

ダメ!絶対!ドラッグムービー「キンプラ」を観てを観て意識の階梯をのぼろう

本当にゲームムービー的なのか?


飯田 菱田監督は、プリズムジャンプをした人間が無限増殖して観客すべてをハグする「無限ハグ」(観ていない人には意味がわからないと思いますが本当にそういうもの)の演出とか、ゲームムービーではあのくらいハデなのも当たり前ではみたいなことをおっしゃっていたのですが(正直そんなことは全然ないと思いますが……)、ゲーセンにある『プリリズ』や『プリパラ』の筐体の画面サイズで見るならともかく劇場の大スクリーンにかかると異形ですよね。

藤田 無限ハグは素晴らしいですねw あんまり、ぼくがやるタイプのゲームのムービーでも見ないですよ、あれは、さすがに…… あ、『龍が如く0』のカラオケシーンは近いところあるかな。
 でも、ゲームの演出っぽさは確かに感じました。FFの召喚獣っぽさがありますね。
 薬物抜きでここまでの陶酔に持っていけるってのは実にすごいです。良し悪しとか善悪とか全部抜きで、ここまでドラッギーな感覚を与えることに特化し洗練された作品が出たことは、評価されてしかるべきかと思います。「脳科学化した文化産業」とぼくが呼ぶパラダイムの、ひとつの重要な作品ですね。
 エイベックスの音楽も、画面の演出も、色も、振り付けもうまい。応援している人たちはもっと楽しいんでしょうねぇ…… ぼくも叫んだり会話したりしたかった。最後は、登場人物がキスしてくる女性の視点になりきってセリフを叫ぶシーンがありましたね。みんな叫びまくってました。

飯田 ヒロ様が○○とキスするのは『レインボーライブ』を観てるとマジ泣けるシーンですね……。
 前作は予算がなくて女性声優さんを起用することができないなかでの苦肉の策というのが冒頭の観客アフレコシーンが生まれたきっかけのひとつらしいですが、今作ではちゃんと『レインボーライブ』の女性陣がみんな出てきてちゃんと声優さんが声をあてている! それができるくらい前作『キンプリ』に人が入って今作のために予算が付いた!!! というのも感動ポイントですね。

藤田 応援している人は冥利に尽きるでしょうなぁ
 少し映像で気になったのは、音楽シーン、白い丸みたいなのがずっと明滅してますが、あれって(作中の空間を撮影している仮想カメラの)画面の切り替えと関係なくあるんですよね。作中世界じゃないところに属している。ソシャゲとかのフィーバーのときの演出と同じですね。あれ、映画の文法として面白いなと思いました。
 デヴィッド・リンチも「Came Back Hounted」のPVであんなことやってたのを、少し思い出しました。作中世界じゃなくて、スクリーンなりモニタそのものの層に属している映像。

飯田 ゲームムービーの映像的にエクストリームな部分、享楽をアニメーション映画に持ち込んでさらにフリーダムでバーニンなものにした感じですよね。

KING OF PRISMまたは戴冠せるアナーキスト


飯田 話をだいぶ戻しますが、『ガンダム』では地球の重力から解き放たれた、宇宙時代に適応した新しい人類がニュータイプなわけですよね。でも『キンプリ』は慈愛の光で地球を包み込んだりする、地球大好き映画じゃないですか。プリズムジャンプはしても重力から解放されて宇宙の住人になるわけではない。地上に戻ってくる。でも完全にニューステージに突入している。スペースノイドじゃないかたちのニュータイプの精神世界を描いた作品だと思います。新しい人類の脳内世界はああなっている。それが作中の時空間と関係なく明滅する光のようなものとつながっている気がします。

藤田 エヴァ旧劇場版の綾波が地球包んで、みんなが魂になっていくシーンですよw
 融解して自他がなくなるわけでも地球が終わるわけでもない、というのは大きな違いですが。観客もニュータイプなんですかね、あの世界は。『ガンダム』世界のニュータイプってエリート主義で、一般人を置いていく感じがありますが、これはそうではないですよね。地球大好きと繋がるかもですが。

飯田 本作では最終的にキングが決まって黄金に輝きみんながひれ伏したわけですけど、エリート主義ではないですよね。観客が選ぶから。あ、いや、キンプリのファンのことは「プリズムエリート」と呼ばれているので、そういう意味ではエリート主義か!? それはともかく、映画が終わったあとに他に観ていた人たちが「あの世界は民主主義なのか絶対王政なのかわからない!」とか言ってましたが、しかし民主的に選ばれる王様がいても問題ないでしょう。絶対王政☆愛・N・G!

藤田 人々の情動を含めた意志を集める、ルソーの「一般意思」というアイデアがありましたが、あの王はそれに近い。それを選ぶシステム(ファンの感動を集計する装置)も開発されているし。
 そもそも、ぼくはあの世界で「王」になるってのがどういう意味なのかすらもよくわかっていないのですがw 実際の支配者になるんですか? それとも、チャンピオン的な存在?

飯田 キングになっても別に権力は生じないはずですけどねw 「君臨すれども統治せず」ではないかと。

藤田 なんか料理漫画の対決っぽかったので、キングっていっても「TVチャンピオン」の「チャンピオン」ぐらいの価値なんだろうかと勝手に思ってましたw

飯田 たしかに『ミスター味っ子』に通じる狂気はあるね……共感覚的な画面の演出を含め。

藤田 技を繰り出したりしたときに背景に竜が出てきたり、食べた人の後ろに宇宙が現れたりする感じですね。
 ともあれ、これは面白いものです。次世代の映像のスタンダードになりうるかもしれません。そうならなくとも、現代日本だからこそ生まれた、ユニークでエッジな作品だと思います。すごいですね。興味がない人こそ、むしろ観に行くといいと思います。

飯田 そうですね。劇場で観られるうちに観るべき作品です。家で鑑賞しても楽しめるでしょうが、魔法が半減してしまうので……。家で観るときも誰かといっしょに観たほうがいい。

藤田 応援上映も体験してほしいですね。キャラクターと人間が堂々と会話する段階に文化が進んでいる衝撃を受けますw

飯田 席にしかけがある4DXと逆で、観客が動くことで体験価値を高めるというギミックを成立させた、応援上映できるような間だとか、声を出してみるとより盛り上がるような演出をあらかじめ仕込んでいるのがすごいですね。
 もちろん、『キンプリ』でいきなり成立したわけじゃなくて、その前からの技術的な積み重ねがあったからこそできたわけですが。

藤田 ええ。その辺りは細かく見ていくときっと色々な技術や仕掛けがあるのだと思いますが、さすがに劇場で観ただけでは語れない。その演出を徹底して分析すると、価値のある論文になりそうなぐらいです。

飯田 間違いなく歴史に残る二部作です。作ってくれてありがとうございますということしか言えないですね。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2017年7月15日のコネタ記事
「ダメ!絶対!ドラッグムービー「キンプラ」を観てを観て意識の階梯をのぼろう」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    異方存在がいなくても、日本人はKING OF PRISMで意識を変革させられるね!! という理解で正しいですか?

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース