review

「ごめん、愛してる」1話。ダイナミック夏の大三角形ドラマにツッコませていただく

TBS日曜劇場『ごめん、愛してる』が始まった。社会現象になるほどの大ヒットとなった韓流ドラマのリメイク。主演は長瀬智也、ヒロインに吉岡里帆が抜擢されている。大竹しのぶ、坂口健太郎、池脇千鶴と濃い目のキャストが日曜劇場らしい。視聴率は9.8%とやや低調なスタート。
「ごめん、愛してる」1話。ダイナミック夏の大三角形ドラマにツッコませていただく
原作ノベライズ
イ ギョンヒ(脚本)佐藤 操(竹書房)

ドラマチックな登場人物たちのドラマチックな出会い


『ごめん、愛してる』は大変ドラマチック(劇的)だ。登場人物たちの設定、関係もドラマチック。簡単に列記していこう。

主人公の律(長瀬智也)は幼い頃に母親に捨てられ、児童養護施設を経て今は韓国でアウトローとして暮らしている。自分を慕ってくれる黒社会の大物のジュニア・ペクラン(イ・スヒョク)を守るために頭部に銃弾を浴びて余命わずかと宣告される。せめて最後に親孝行がしたいと思い、母親を探しに日本にやってきた。

ヒロインの凜華(吉岡里帆)は天才ピアニスト・日向サトル(坂口健太郎)の幼なじみで、スタイリストとして彼の活動を支えながら想いを寄せている。仕事で韓国を訪れたとき、裏社会の男たちにターゲットにされて売り飛ばされそうになるが、間一髪のところで律に助けられる(律も仲間だったのだが裏切った)。帰国後、サトルの家で訪れてきた律と鉢合わせになる。

麗子(大竹しのぶ)は息子のサトルを溺愛する母親。自分も元ピアニストだったが、何らかの事情で弾けなくなったらしい。とにかくサトルが第一でめちゃめちゃ甘やかしている一方、自分を訪ねてきてぼろぼろと涙を流す律を容赦なく追い払う。

あわせて読みたい

  • 長瀬智也「ごめん、愛してる」挨拶詳報

    長瀬智也「ごめん、愛してる」挨拶詳報

  • 長瀬智也、神木隆之介バンドフェス参戦

    長瀬智也、神木隆之介バンドフェス参戦

  • ドラマ「東京タラレバ娘」がじれったい

    ドラマ「東京タラレバ娘」がじれったい

  • 叩かれるのはめでたい「あさが来た」

    叩かれるのはめでたい「あさが来た」

  • レビューの記事をもっと見る 2017年7月16日のレビュー記事
    「「ごめん、愛してる」1話。ダイナミック夏の大三角形ドラマにツッコませていただく」の みんなの反応 5
    • ノラ犬さん? 通報

      南朝鮮ドラマのリメイクなんぞ観るかボケが(怒)‼

      15
    • 匿名さん 通報

      何でわざわざ南朝鮮のドラマなんぞを 「日本はドラマや映画では敵わないと悟ったのだ」とか増徴させるぞ

      12
    • 匿名さん 通報

      なた韓国かよ! 一体いつまで寒流寒流やってんだよ! しつこいんだよ! 視聴率低いんだろ? 興味ある日本人少ないのが明らかじゃねえか(笑)。 いい加減ゴリ押しやめろ!

      11
    • 匿名さん 通報

      日曜のこの時間帯のドラマでは視聴率ワースト2って見たけど、やや低調って評価は嫌味?だけど、世界遺産登録で反対、慰安婦像乱立と日本人を逆なでしまくってる時期に、韓国ドラマリメイクとはご愁傷様。

      10
    • 匿名さん 通報

      私は見ないけど、韓流大好きおばさんが見てくれるといいね。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。