review

「プリンプリン物語」ランカーのプリンプリンに対する執心ぶりは尋常じゃない、事件の匂いがする

現在、NHK・BSプレミアムで毎週水曜よる11時から往年の人形劇「プリンプリン物語」が再放送されている。先週(7月19日)は第5話と第6話が放送された。
「プリンプリン物語」ランカーのプリンプリンに対する執心ぶりは尋常じゃない、事件の匂いがする
友永詔三監修『NHK連続人形劇 プリンプリン物語 メモリアル・ガイドブック』(河出書房新社)。今回の再放送とあわせてチェックしたい一冊

連れ去られたプリンプリンを追う少年たち


その前週に放送された第3話・第4話では、主人公のプリンプリン(声:石川ひとみ)が、ボンボン(神谷明)、オサゲ(はせさん治)、カセイジン(堀絢子)の3人の少年と出会う。彼らは、プリンプリンがテレビで自分はどこかの国の王女だと告白するのを聞き、一緒に彼女の祖国を探してあげたいと思って会いに来たのだ。

他方、同じくテレビを見ていた死の商人ランカー(滝口順平)が、プリンプリンに一目惚れしてしまう。どうにか彼女を自分のものにしたいと思ったランカーは、子分のシドロ(パンチョ加賀美)とモドロ(猪熊虎五郎)に誘拐してくるよう命じる。ハンバーガー屋に変装したシドロ・モドロは、プリンプリンを誘い出し、ヘリコプターでランカーの別荘まで連れ去るのだった。

そして第5話。プリンプリンが連れ去られたことを知ったボンボンたちが、彼女の行方を追う。ここでこの回の冒頭に出てきたテニスコートのライン引きが役に立つ。プリンプリンの相棒である猿のモンキー(斎藤隆)が、ライン引きを持ってヘリコプターに飛びついたおかげで、ヘリの進路に沿って地上に線が引かれたのだ。ボンボンたちはそれをたどって、プリンプリンが連行された別荘を突きとめる。ライン引きという何気ない小道具がうまく使われているのが面白い。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク