review

「悦ちゃん」2話。NHKのドラマだけど「役立たず」とはそういう意味です

獅子文六原作、昭和10年を舞台にしたモダンでポップな土曜時代ドラマ『悦ちゃん 昭和駄目パパ恋物語』。10歳の娘・悦ちゃん(平尾菜々花)が駄目パパ・碌さん(ユースケ・サンタマリア)の再婚のために奮闘する。全8回。
「悦ちゃん」2話。NHKのドラマだけど「役立たず」とはそういう意味です
原作

ヤバイ3人の昭和女たち


先週放送された第2回「お見合い相手はご令嬢」では、碌さんを取り巻く3人の女性が出揃った。これがまた思った以上にひと癖もふた癖もある女性ばかり!

まずは、見合い相手の日下部カオル(石田ニコル)。日下部財閥の令嬢で超美人なのだが、芸術至上主義の変人。好きなクラシック音楽が流れると会話も耳に入らず、ひたすら陶然としている。石田ニコルのドーリーな風貌と演技がヤバい。

碌さんの義兄・大林(相島一之)が「芸術を通して知性や感性を磨くなど、誰にでもできることではありません」とおべっかを言うが、裏返せば、モダンな昭和初期とはいえ芸術に身を捧げることなんてできるのは世の中のほんの一握りで、しかも女性は変人扱いされたということ。その証拠に弟の一郎(矢野聖人)からは「行かず後家」などと痛烈に皮肉られている。

貧乏な職業作詞家の碌さんのことが気に入ったのは、偶然読んだ碌さんの詩から英国文学の影響を感じ取って興味を持ったから。カオルの美人ぶりには碌さんも悦ちゃんもうっとり。しかも、支度金を3万円も持参するという。今の金額にすると、数千万円はくだらない。碌さんがエキサイトするのも無理はない。

あわせて読みたい

  • 昭和ラブコメ時代劇「悦ちゃん」開始

    昭和ラブコメ時代劇「悦ちゃん」開始

  • 北川景子土下座の理由「探偵の探偵」

    北川景子土下座の理由「探偵の探偵」

  • ユースケの不安と狙い「探偵の探偵」

    ユースケの不安と狙い「探偵の探偵」

  • 「みをつくし料理帖」典雅な鱧の骨切り

    「みをつくし料理帖」典雅な鱧の骨切り

  • レビューの記事をもっと見る 2017年7月29日のレビュー記事
    「「悦ちゃん」2話。NHKのドラマだけど「役立たず」とはそういう意味です」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      獅子文六が再評価される時代が来るとは。 そのうち石坂洋次郎とかも再評価されるかもしれない。

      3
    • 匿名さん 通報

      第3回は8月5日ですね(*´ω`)

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    悦ちゃん

    悦ちゃん

    「悦ちゃん」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース