hideの精神を受け継いだ『hide presents MIX LEMONed JELLY』開催

 
hideと同期の筋肉少女帯は、50代パワーを炸裂させる。実際にhideとセッションをしたり、イベントに出演してもらったエピソードを話しながら、代表曲「イワンのバカ」「日本印度化計画」「踊るダメ人間」を演奏。「hideさんに習って、ギタリストだけど1曲歌います」と言って、ギタリストの橘高文彦が「小さな恋のメロディ」を歌い、最後は「10月25日にニューアルバムを発売します」と発表してステージを下りた。

LEFT STAGEの最後を飾るのは、ミクスチャーロックを牽引し続ける山嵐。かつてhide MUSEUMのCAFE Le PSYENCEに出演経験があることから、このイベントに出演することになったという。楽器隊の轟音と激しいラップが、会場の空間をねじふせていく。20周年のMLJ、20周年を迎えた山嵐が出演できるのは、タイトルと主宰者のワガママに本気で向かい合って、本気で笑って楽しんでるあなたたち、お前たちのおかげです。熱い音楽の絵を描いていきましょう」と地元愛あふれる「湘南未来絵図」でステージを締めくくった彼ら。ヘヴィだけど、どこか人情味のある暖かい余韻に包まれていた。

灼熱の炎天下のBLUE SKY STAGEでは、熱い熱いライブが繰り広げられていた。トップバッターのカルメラはホーンセクションのいる8人組で、ジャジーな雰囲気ながらノリのいい楽曲で観客を沸かせた。hideファンのメンバーがいることから、今回の出演が決まった名古屋のアイドルグループ「チームしゃちほこ」。5人色違いの衣装に身を包み、キュートで元気いっぱいの歌声を聞かせてくれた。女性ロックバンドexist+traceは、クールで激しいサウンドでファンを魅了した。続いて、hide with Spread Beaverのキーボーディストとして、ゆかりの深いDIE率いるKISS THE WoRLD。中盤から、defspiralのTAKA・RYO、CUTTが飛び入りして、「ROCKET DIVE

あわせて読みたい

  • hideの誕生日を盟友・バンド・DJ・落語など多彩な18組が7時間半にわたり祝福

    hideの誕生日を盟友・バンド・DJ・落語など多彩な18組が7時間半にわたり祝福

  • hideのライブが実現 世界初のライブホログラフィックエンタテイメント常設劇場グランドオープン

    hideのライブが実現 世界初のライブホログラフィックエンタテイメント常設劇場グランドオープン

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2017年8月14日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース