いまさら聞けないソーシャルレンディング (後編:これからの日本の金融サービスは?)

いまさら聞けないソーシャルレンディング (後編:これからの日本の金融サービスは?)
ソーシャルレンディングについて、3回にわたりご紹介するコラムの後編です。

前編でソーシャルレンディングと既存の金融機関との違いを銀行との比較で説明させていただき、
中編では、サービスが急速に拡大した背景と、サービス事業者は貸付成立までに何をするのか具体的なプロセスをご紹介いたしました。


今回の最終回では、ソーシャルレンディングで世界最大の市場規模をもつ中国と、言わずと知れたIT先進国アメリカとの共通点から、ソーシャルレンディングの今後の展開と日本の金融サービスの行方を当社事業も交えて考察いたします。


ソーシャルレンディングの普及にみる中国とアメリカの共通点



イギリスで始まったソーシャルレンディングが、アメリカで大きな市場を生み出し、その後中国で爆発的に普及しています。IT先進国であるアメリカでソーシャルレンディングが普及したことは自然な成り行きかもしれませんが、なぜ中国市場が後発ながら今や世界最大の規模を誇るまで急成長したのでしょうか。

この現象の一つ目の要因はモバイル端末を使ったインターネットの普及です。2000年以降、中国のインターネット利用者数は増加し続け2016年12月時点で7.31億人を超え、人口普及率は中国では53%と日本の83%に及びませんが、利用者数はヨーロッパの人口(7.43億人)にほぼ匹敵しています。そのうちモバイル端末でネットを利用する人は、インターネットの利用者の実に95%(6.95億人)を占めます。

あわせて読みたい

クラウドクレジットの記事をもっと見る 2017年8月28日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら