bit

ラグビーファンが観戦中に「ビールをよく飲む」理由

       
「ラグビーファンは観戦中にビールをよく飲む」

みなさんはこんな話をご存知だろうか?
これはラグビーファンに単にビール好きが多いからというわけではなく、ちゃんとした理由があるという。

ラグビー独特の「ノーサイド」の文化


ラグビーファンが観戦中に「ビールをよく飲む」理由

ラグビーでは「アフターマッチファンクション」というイベントを行っている。これは、試合終了後、両チームの選手、スタッフ、レフリー、関係者などが一同に集い、軽食や飲物をとりながら交流を深めるというものだ。試合が終われば敵味方関係なく、同じラグビー仲間として健闘を称えあおうという「ノーサイドの精神」から来ているという。そして、これにより試合終了のことも「ノーサイド」と呼ぶのだそう。他のスポーツにはない、ラグビー独特の習慣だ。もともとラグビーは上流階級のスポーツであったため「紳士のスポーツ」とも言われるが、このノーサイドの精神を知ればそれも納得である。

ラグビーにはこのような文化的背景があるため、ファンである観客もよくビールを飲むのだという。ワールドカップ2019組織委員会によれば、2015年にイギリスで行われた前回大会では約250万人の観客を動員し、観客一人あたりが飲んだビールの平均量は3パイント、つまり約1.7リットルというデータもあるそうだ。

ラグビーといえばギネスビール!


ラグビーファンが観戦中に「ビールをよく飲む」理由

ビールといってもさまざまな種類がある。そこで調べてみると、ラグビーは「ギネスビール」と関係が深いのだという。それもそのはず、ラグビーはイングランドが発祥であり、ギネスビールは、お隣アイルランド発祥のスタウト(黒ビール)である。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ラグビーファンが観戦中に「ビールをよく飲む」理由」の みんなの反応 12
  • 匿名さん 通報

    イングランドとアイルランドを「一括りにすれば、同じイギリスだ」はちょっと… 両国間の歴史を勉強した方が良いと思います。

    12
  • 匿名 通報

    ネットに溢れるエエかげんな情報を糾弾するサイトってないんやろか?

    3
  • 匿名さん 通報

    日本人としては地元球団を地元球場でビールボトル担いだ健気でかわいい姉ちゃんから500円のプラスチックコップビールかってたこ焼き片手に野球観戦のほうが賞にあってるわ

    3
この記事にコメントする

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。