ISEKI ジャンク フジヤマと作った「バブル・サマー」は“今のAOR”な仕上がりに/インタビュー2

 
ISEKI ジャンク フジヤマと作った「バブル・サマー」は“今のAOR”な仕上がりに/インタビュー2

■ISEKI/ミニアルバム『AOR FLAVA -sweet blue-』インタビュー(2/3)

――インタビュー1より

ジャンク フジヤマのよさをどれだけ引き出せるかっていうのもテーマ

──南 佳孝さんも、発声も歌い方も色が強い方ですよね。

ISEKI:独特ですよね。でも南さんの『モンロー・ウォーク』はかなり歌いやすいかったです。南さんとは倍音的なところがすごく似てるのかもしれないと思いました。あと大滝さんの「君は天然色」もすごく歌いやすかった。この曲、今でもCMで流れてるし、ちょっとやってみたいと思ってピックアップしたんですね。そしたらホントに楽しくて。今回のなかでは、この曲と角松さんの「No End Summer」が歌の面白さということで言うと一番でした。

──シンガーとして。

ISEKI:そうそうそう。僭越ですけど、自分の声に合うなぁって。

──「君は天然色」なんて、もはや持ち歌みたいでした。

ISEKI:めっちゃハマったんですよね。本当にすごい歌いやすかったですね。それは自分としても発見でした。だけど達郎さんはめっちゃ難しかったです(笑)。

──達郎フリークのISEKIさんでも(笑)。

ISEKI:フリークでも難しかった(笑)。達郎さんのボーカルのあの感じというか、この曲自体があの倍音で成立してるんだなっていうのがよくわかりましたね。

──ちょっとコブシが回っている歌い方もメロディーのうちというところがありますもんね。あれがないと違う曲に聴こえるというか。

ISEKI:そうなんですよ。だからモノマネにはならないように、でもしっかりコブシを効かせた歌い方にしないと、とは思ってました。

──苦戦した曲はありました?

ISEKI:「ふたりの夏物語」かなぁ。さっき癖のあるアーティストさんの曲は比較的得意だと思ったって言いましたけど、なんだかパキッとした曲は苦手だなと思ったんですね。うねっているようなメロディーラインには、自然に体が反応するというか。そういう意味で言うと「ふたりの夏物語」は今回の曲のなかで一番パキッとしてるんですよ。メロディーがカッカッカッって進んでいくので、めっちゃ歌がうまいんだな、杉山さんって思いました。そういう発見もすごい面白かったです。
ISEKI ジャンク フジヤマと作った「バブル・サマー」は“今のAOR”な仕上がりに/インタビュー2

──そして今回もコラボレーションによるオリジナル曲『バブル・サマー feat.ジャンク フジヤマ』が1曲収録されていますが。これはどんなふうに作っていったのですか。

ISEKI:今回はジャンク フジヤマと一緒に作ったんですけど、基本的にはベーシックなところは僕が作って、それに対してジャンクに意見を言ってもらってセッションしていく感じでした。だから前作の中田(裕二)くんと作り方は同じなんですけど、相手が違うと反応する部分も違うので。調整しながら、最終的にお互いが納得するものを作っていくっていう。

──この曲も夏をテーマに?

ISEKI:そうです、夏の爽やかな感じがテーマ。で、ジャンク フジヤマのよさをどれだけ引き出せるかっていうのもテーマでした。結果、今風のサウンド感でありつつ、達郎さんと角松さんを足して2で割ったような感じに仕上がったかなって。なんか今のAORっていう、満足のいく曲になったかなと。

──ジャンク フジヤマさんと面識はあったんですか。

ISEKI:中田くんほどしょっちゅう連絡を取り合うみたいな感じではないんですけど、音霊のイベントに一度出演してもらったことがあって。ただ今回のAORカバーのシリーズをやると決まったとき、これはぜひジャンクとやりたいって思ったんです。彼の力を借りたいなって。

──ピンとくるものがあったんですね。

ISEKI:そうですね、AORが好きな人はいますけど、僕と同じ世代でAORシンガーってあんまりいないんですよね。ぽっかり抜けてるんですよ。

──それにしても、もしかしたら前作以上にどの曲もISEKI色に染めあげられた作品になっているのでは、と思いました。

ISEKI:嬉しい! ありがとうございます、最大の褒め言葉ですね。
ISEKI ジャンク フジヤマと作った「バブル・サマー」は“今のAOR”な仕上がりに/インタビュー2

──9月末からは全国ツアーもスタートとなりますが。

ISEKI:前作と今作を引っさげて。そこでは基本的にオリジナル曲と今回のカバーを半々くらいにやろうかと。フルバンドでやる12月25日のライブに関しては、もうアルバムの曲からしかやらない感じにしようかなって。

──ツアーのほうは弾き語りで?

ISEKI:弾き語りです、一人で。だから曲によってはなかなか格好がつかないものもあるんですけど。こないだちょっとリハーサルしたんですよ。1人でシュガー・ベイブの「DOWN TOWN」をやってみたんですけど、ちょっと……っていう感じで。やっぱりコーラスがないと成立しにくい(笑)。そういうことを探りながらやっていこうかなって。1人なので、試すのも簡単ですから(笑)。

──そうこうしながらカバーシリーズの3作目に取りかかると。

ISEKI:おそらく。あとそろそろオリジナルにも手をつけようかなって。時間のあるときに、今まで作りためた曲の歌詞を少しづつ直したりしてるんですけどね。秋くらいからはカバーと並行しながら進めていきたいと思ってます。まぁそんなに上手く進められるか、それがちょっと不安ではありますけど。かなりやる気になっているので、頑張りたいです(笑)。

――インタビュー3へ



≪リリース情報≫
2nd Mini Album
『AOR FLAVA -sweet blue-』
2017.08.30リリース


≪ライブ情報≫
【ISEKI LIVE 2017~COFFEE & SOUL vol.2~】
2017年9月30日(土)東京・渋谷 gee-ge[昼公演]
2017年9月30日(土)東京・渋谷 gee-ge[夜公演]
2017年10月14日(土)愛知・名古屋 sunset BLUE
2017年10月15日(日)京都・京都 SOLE CAFE
2017年10月21日(土)大阪・心斎橋ヒルズパン工場
2017年10月22日(日)広島・音楽喫茶 ヲルガン座
2017年10月28日(土)宮城・SENDAI KOFFEE
2017年11月3日(金・祝)福岡・LIV LABO
2017年11月5日(日)北海道・musica hall cafe

≪イベント情報≫
【『AOR FLAVA -sweet blue-』リリース記念ミニライブ&サイン会】
2017年9月2日(土)12:30~ 兵庫・ミント神戸2Fデッキ特設ステージ(雨天時:タワーレコード神戸店内)
2017年9月2日(土)16:30~ 大阪・アリオ鳳 1Fグリーンコート(堺市)
2017年9月3日(日)13:00~ / 15:30~ 神奈川・イオンスタイル湘南茅ヶ崎 2F国道側入口アトリウム
2017年9月23日(土・祝)12:30~ 愛知・キャスタ犬山店 1階セントラルコート
2017年9月23日(土・祝)16:00~ 愛知・イオン上飯田店 3階なごみ広場(名古屋市)

【Yamaha Acoustic Mind 2017~THE SESSION~】
2017年9月17日(日)18日(月・祝)赤坂BLITZ

【河口恭吾 & ISEKIコンサート】
2017年9月24日(日)兵庫・加古川ウェルネスパーク アラベスクホール

【ポンジー初企画「スペシャルアコースティックライブ~ポンの和~」】
2017年9月27日(水)京都・someno kyoto

【江ノフェス island music party 2017】
2017年10月7日(土)8日(日)江の島展望台 シーキャンドルステージ(サムエルコッキング苑内)

【くるめ街かど音楽祭2017】
2017年11月3日(金・祝)4日(土)両替町公園ステージ(メインステージ)・久留米シティプラザ・六角堂広場ステージ(サブメインステージ)など、久留米市内中心部10会場

【AOR FLAVA~毎日がクリスマス10th anniversary ☆2017☆ SPECIAL LIVE~】
2017年12月25日(月)横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール

ISEKI オフィシャルサイト
ISEKI 掲載記事一覧
エキサイトミュージック インタビュー掲載記事一覧
excite music official Twitter
excite music official Facebook
excite music official YouTube channel

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月31日の音楽記事

キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。