ゲスの極み乙女。 ツアー『丸三角ゲス』千秋楽 「思ってることは言葉だけじゃなく、音楽で返していく」

ゲスの極み乙女。 ツアー『丸三角ゲス』千秋楽 「思ってることは言葉だけじゃなく、音楽で返していく」
撮影/井手康郎
9月3日、ゲスの極み乙女。が全国ワンマンツアー『丸三角ゲス』のファイナル公演を日比谷野外大音楽堂で開催した。5月にひさびさのワンマンライブを開催し、8月から全9公演が行われた今回のツアーでは、ニューアルバム『達磨林檎』の収録曲を中心としたセットを披露。この日はツアーファイナルならではの趣向も多数盛り込まれ、全22曲が演奏された。

開演時間を少し過ぎると、ステージに掲げられたバックドロップと同タイトルの新曲「あなたには負けない」のトラックが流れ出し、何とメンバーが客席後方から登場。オーディエンスの横を通り抜け、フロアの真ん中に4人が並び、歌いながら揃いの振り付けをすると、場内からは早くも大歓声が起こる。

ほな・いこかの「えのぴょん、しっかりしてね」という台詞で曲を締め括ると、サポートのえつことささみおも現れ、川谷絵音の「踊ろうぜ!」という一言から「シアワセ林檎」へ。ほな・いこかがステージ前方に出てきて、川谷とデュエットを披露するお馴染みの演出で盛り上げた。

ソウルフィーリングを感じさせる「影ソング」を終え、ちゃんMARIが「コポゥ!」でご挨拶。日比谷野音でのライブが2015年5月ぶりであることを話し、休日課長が「こんなにお客さん近かったっけ?」と印象を語ると、「ロマンスがありあまる」「crying march」といった人気曲を演奏し、さらには『達磨林檎』の収録曲を立て続けに披露。オペラチックなコーラスがエキセントリックな印象を与える「某東京」、打ち込みを配した「心地艶やかに」、ファンキーな「ゲストーリー」など、ゲスの極み乙女。の音楽の多様性と先鋭性を示す楽曲が並んだ。

あわせて読みたい

  • 【PHOTO】ゲスの極み乙女。 RSR2016/写真レポート

    【PHOTO】ゲスの極み乙女。 RSR2016/写真レポート

  • ゲスの極み乙女。 持ち前の愉快な“異端”さが発揮された初武道館/レポート

    ゲスの極み乙女。 持ち前の愉快な“異端”さが発揮された初武道館/レポート

  • ゲスの極み乙女。川谷絵音 初の日本武道館公演2デイズでファンに宣誓  「俺は死ぬまで歌うからな!」

    ゲスの極み乙女。川谷絵音 初の日本武道館公演2デイズでファンに宣誓 「俺は死ぬまで歌うからな!」

  • ゲスの極み乙女。 自身最大キャパのワンマンツアー『ゲスチック乙女 ~アリーナ編~』/ライブレポート

    ゲスの極み乙女。 自身最大キャパのワンマンツアー『ゲスチック乙女 ~アリーナ編~』/ライブレポート

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2017年9月3日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら