review

「植木等とのぼせもん」第1回 植木等を演じる山本耕史の声に驚いた

NHK総合の土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」(夜8時15分~)が、先週9月2日よりスタートした。その冒頭では、ドラマの主人公である小松政夫本人が、持ちネタの淀川長治のモノマネで前説。昨年、同じ枠で放送された「トットてれび」の黒柳徹子に続いてのご本人登場だが、ファンにはやはりうれしい。
「植木等とのぼせもん」第1回 植木等を演じる山本耕史の声に驚いた
ドラマの原案となる小松政夫『のぼせもんやけん』(竹書房)には、小松が自動車のセールスマンだった時代の話がつづられている。後年の小松のギャグには、「ど~かひとつ!」など、セールスマン時代の同僚や上司の言葉から生まれたものも多いとか。植木等の付き人時代については、続編の『のぼせもんやけん2』にくわしい。

ドラマのもうひとりの主人公・植木等を演じるのは山本耕史。本人の風貌とは似ても似つかないと思ったが、山本が最初のシーンでセリフを発した瞬間、植木の声によく似せているのに驚いた。

このほか、当時の映画の色合いが再現されるなど、細かいところにもスタッフの工夫がうかがえた。日本テレビの往年の人気バラエティ番組「シャボン玉ホリデー」をNHKで再現したというのも快挙だろう(すでに「トットてれび」で「徹子の部屋」を再現した前例があるとはいえ)。

ちなみに「シャボン玉ホリデー」は1961年の放送開始時よりカラー放送だったという(日本でカラーテレビの本放送が始まった翌年だ)。そのせいか、ドラマで再現されたクレージーキャッツのスーツも、スタジオのセットもカラフルで、じつに鮮やかだ。もっとも、当時はまだ白黒テレビがやっと普及し始めたばかりで、実際にカラーテレビで『シャボン玉ホリデー』を見ていた人は少なかっただろう。現存する数少ない同番組の映像もほとんどがモノクロだし、その意味でも、今回の再現はなかなかに貴重といえる。

多忙をきわめた植木等をテンポよく描く


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「植木等とのぼせもん」第1回 植木等を演じる山本耕史の声に驚いた」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    ※1 「どうしても本人を超えていない」って正気で言っているのか。日本語もおかしいぞ。

    10
  • 匿名さん 通報

    脚本に難が。山本が適役かどうか意見が分かれる所。及び出ないが、どうしても本人を越えていない。

    0
  • NOGIKU 通報

    山本耕史さんが実力あるミュージカル俳優だと知れば、似ている以上に魅力ある歌声と芝居に嵌まらされた。 「陽炎の辻」共演で小松さんを知っての師弟関係演技にも興味深かった。何度も視て楽しんでます。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月9日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。