KEYTALK 初の横浜アリーナ単独公演 「すばらしい1日をありがとう」

KEYTALK 初の横浜アリーナ単独公演 「すばらしい1日をありがとう」
撮影/後藤壮太郎
今年の夏も各地の音楽フェスを熱く盛り上げたKEYTALK。初の横浜アリーナ単独公演のチケットは、一般発売日に即日完売。貴重なチケットを手に入れて集まった1万2千人の前に、メンバーたちは予想外の登場の仕方をした。なんと突然センター席の後方に現れた寺中友将(VoGt)、首藤義勝(Vo,Ba)、小野武正(Gt,MC,cho)、八木優樹(Dr,Cho)。彼らは二手に分かれて通路を歩いてステージへ。

そしてライブは最新アルバム『PARADISE』に収録されている「Summer Venus」からスタート。開放的なサマーチューンであると同時に、アッパーなEDMサウンドに転じる瞬間もあるこの曲のパワーは、やはり半端ではなかった。ドラマチックな展開、怒涛の勢いで押し寄せるサウンドに刺激された観客は一斉に興奮を露わにしてダンス! 広い横浜アリーナ全体が、心地よく震えていた。

代表曲を連発しつつレアな曲も織り交ぜたセットリストは、メンバーたちが出会って10年目であることを記念したこのライブにふさわしい内容となっていた。2013年11月にリリースされたメジャーデビューシングル『コースター』のカップリングであり、熱心なファンの間で高い人気を誇る「OSAKA SUNTAN」の歌詞をアレンジし、この日だけのスペシャルバージョンとして届けた「YOKOHAMA SUNTAN」。KEYTALKの前身バンド“real”時代の「view」(現在の事務所に所属するきっかけとなったデモ音源の1曲目だったのだという)なども披露。片時も目を離せない場面の連続であった。

あわせて読みたい

  • KEYTALK あの曲この曲、あの手この手で、会場を熱狂と笑顔で満たしたツアーファイナル

    KEYTALK あの曲この曲、あの手この手で、会場を熱狂と笑顔で満たしたツアーファイナル

  • KEYTALK 13カ所15公演の全国ツアーを完走

    KEYTALK 13カ所15公演の全国ツアーを完走

  • KEYTALK 念願の初の日本武道館公演は踊れや騒げの濃厚で熱過ぎる舞踏会

    KEYTALK 念願の初の日本武道館公演は踊れや騒げの濃厚で熱過ぎる舞踏会

  • KEYTALK 今のスタンス、そしてこの先にある大舞台を予感させたZepp公演

    KEYTALK 今のスタンス、そしてこの先にある大舞台を予感させたZepp公演

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2017年9月11日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース