smadan

熊本地震から1年5カ月経った南阿蘇村の現在 被災者が抱える復興の責任感

熊本地震から1年5カ月。被災地では復興が進んできましたが、現地の人々の暮らしにはどのような変化があったのでしょうか。県内でも特に大きな被害を受けた南阿蘇村に暮らす田中さん(仮名・29歳女性)にお話を伺いました。
熊本地震から1年5カ月経った南阿蘇村の現在 被災者が抱える復興の責任感
2016年4月17日。南阿蘇村と熊本市内を結ぶ道路の様子(写真提供はすべて田中さん)


「被災直後の仕事はしんどかった」


――まず、本日はインタビューに応じていただきありがとうございます。こういった取材を受けること自体は負担になりませんか?

「こういった場で話すことについては、人によっては辛いと感じるかもしれないけど、私は平気です。私の場合はそれより、余震だとか、ひとりでいる時にふと当時のことを思い出したりすることのほうが辛いですね」

――熊本地震では大きな揺れが2回起こりました。2016年4月14日21時26分に発生した前震では、マグニチュード6.5を記録し、当時はこれが本震だと思われていました。しかし、前震から約28時間後の4月16日1時25分に、マグニチュード7.3の本震が発生。震度6強の揺れを観測した南阿蘇村では、橋の崩落や土砂崩れによって道路が寸断、約1000人が孤立するなど、大きな被害を受けました。

「14日の前震が起こった時には自宅で過ごしていました。この時点では特に大きな被害が出たわけではなかったので、翌日は普段通りに仕事に行きました。15日の夜には、いくつかあった余震のせいもあって家族はみんな寝不足の状態。もうこれ以上大きな揺れは来ないだろうと思って眠りについたところに本震が来ました。母が寝ていた場所のすぐ近くに父の仏壇が倒れてきて『父は母のことを殺したいのか守りたいのかどっちなんだろう』と思う一幕もあったり……。その後は車内で夜を明かしてから、避難所になっていた近所の社協に避難しました。でも、お年寄りは地べたに寝ているし、トイレの匂いも酷かったので、避難所では眠らずにそそくさと帰宅しました」

――当時の報道では、南阿蘇村と熊本市を結ぶ阿蘇大橋が崩落し、「陸の孤島」のような状態で取り残されていた様子が印象に残っています。

「17日には従兄弟の結婚式に出席する予定がありましたが、本震の後、孤立状態になってしまったので行くことはできませんでした。さらに本震から2日後ぐらい経ってから携帯電話会社の電波塔がやられてしまったので、少しの間、音信不通になり、親戚にはだいぶ心配をかけてしまいましたね。家については、築10年以内でまだ新しかったし、南阿蘇村の中でも比較的被害の少ない地域だったので、壁紙のクロスにヒビが入った程度で済みましたが、断層の場所や、主要道路である阿蘇大橋と俵山トンネルの近くは、やはり大きな被害を受けました」

――いちばん大変だったことは何でしょうか。

「被災直後の仕事はしんどかったです。私が勤めていた介護施設では、道路が寸断された影響で村の外から来ていた職員は通勤することもできなかったので、出勤できる人間が普段の半数ぐらいしかいない状況でした。家族には休むように言われていたのですが、入所者もいるので投げ出すわけにもいかない。それでも入所者の方々自身の疲労であったり、余震に対する不安なども祟って、一度に何人もの方が病院に搬送されるというでき事も起きてしまいました」
熊本地震から1年5カ月経った南阿蘇村の現在 被災者が抱える復興の責任感
本震後の雨による土砂崩れも

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク