review

「ひよっこ」153話。人生は、3歩進んで2歩下がるくらいがいい

それを養父・一郎(三宅裕司)が聞いていて嬉し泣き。

朝ドラでは、ヒロインが結婚して、子供ができて、その可愛さもドラマの魅力のひとつになるが、「ひよっこ」では、ヒロイン・みね子が未婚で、幼子が出せない。なんとか子供を出して、ほっこりさせようという気遣いか、突如、出てきた茜ちゃんが可愛さを振りまいた。
それも、単なる賑やかしでなく、“もらいっ子”という社会的背景をうっすら匂わせているようだ。

そして、奥茨城村


父(沢村一樹)に手紙で呼ばれ、みね子が久々に実家に帰ると、バスがワンマンバスに変わっていた(名前までhinoからhiyoに変わっている)。
車掌の職を失った次郎(松尾諭)は、村長選挙に打って出ていた。この展開に、SNSでは「シンゴジラ」を思い浮かべる人が多数いた。

「長崎は今日も雨だった」という歌が流行したのは69年だが、奥茨城は今日も雨だった(田植えの日も雨だった、みね子が雨女なの?)。
みね子がバスから降りたときは晴れていたが、歩いている間に雨が。
濡れた田舎の緑は、いっそう鮮やかだ。
実家の畑が、お花畑になっていて、みね子はびっくり。
父の用事とは、このことなのだろうか?

迎えに来たちよ子(宮原和)と進(高橋來)と、「365歩のマーチ」(68年)を歌うみね子。
「3歩進んで2歩下がる」の歌詞について、なんで下がるんだと、幼い進には、この歌の、ちょっとずつでいいよ、という優しいメッセージがピンと来ないようす。名前が進だけに、下がりたくないのもわかる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「ひよっこ」153話。人生は、3歩進んで2歩下がるくらいがいい」の みんなの反応 5
  • パチ 通報

    4年が経過しても、ちよ子と進は、大きくなっていませんが、あの2人の可愛さは、格別なので少し違和感は、ありますが、そのままでいてくれて逆にありがたいです。

    26
  • パチ 通報

    ずっと気になっていた乙女寮の食堂にいた和夫さんの顔が見られて良かった(もう、諦めていたので)「ひよっこ」は、前作と違い、行方不明者を出さずに、ちゃんと登場人物の、その後を教えてくれる優しさが嬉しいです

    23
  • 匿名さん 通報

    去り際だけでなく再登場もさらっとしていた和夫さん。出会いも別れも日常の一コマにすぎないと(アコーディオンを背負った)背中で言っているようでカッコいいです。本当は照れ屋なだけなのかもしれないですが(笑)

    19
  • 匿名さん 通報

    ヤスハルいい奴過ぎる(涙)。スピンオフで取りあげてやってよ‼

    4
  • しっぽ 通報

    雨合羽に傘まで用意していたのがメタ的で、みね子が実家の仕事がらみで帰省するときは雨というのがデフォ、ということなのでは?

    3
この記事にコメントする

「ひよっこ + 朝ドラ」のおすすめ記事

「ひよっこ + 朝ドラ」のおすすめ記事をもっと見る

「ひよっこ + 松本穂香」のおすすめ記事

「ひよっこ + 松本穂香」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「ひよっこ」

朝ドラ「ひよっこ」

家族のために懸命に生きる主人公と個性豊かな登場人物たち、そして笑いと涙のハートウォーミングなストーリーで 最高視聴率22.2%を記録したNHK連続テレビ小説。ヒロインのみね子を有村架純が演じた。2017年4月3日〜9月30日放送。

2017年9月28日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ひよっこ 朝ドラ
  2. ひよっこ 松本穂香

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。