review

「奥様は、取り扱い注意」の綾瀬はるかは、クラーク・ケントや只野仁のようなヒーロ像と似ているようで違う

10月4日、日本テレビで『奥様は、取り扱い注意』がスタートした。この新ドラマの内容について、同作ホームページでは以下のように解説されている。

「伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、ひとも羨むちょっとセレブな専業主婦。ワケありの人生をやり直して穏やかな人生を手に入れるため、合コンでゲットした旦那と結婚し、閑静な高級住宅地に引っ越してきた。
しかし暮らし始めて1年と経たないうちに、彼女は気づいてしまう。幸せに見える主婦たちが抱えるさまざまなトラブルに……
実は菜美、料理も掃除も超苦手だけど、正義感が超強く、怒らせたら超凶暴! 世の中のルールなんてお構いなしに、危ない場所へ突入していく!
そのワケは夫にも内緒の過去にある。天涯孤独に生まれ育った菜美は、スリルあふれる生活にヤミツキで、愛情も知らずに生きてきたのだった」
「奥様は、取り扱い注意」の綾瀬はるかは、クラーク・ケントや只野仁のようなヒーロ像と似ているようで違う
イラスト/Morimori no moRi

綾瀬はるかと遠藤憲一がだぶる


第1話が始まるや、早速、主人公・伊佐山菜美によるモノローグが展開された。
生まれてすぐに捨てられてしまった菜美は、ある国家の情報機関に雇われた特殊工作員として生きていくこととなった。
ある日、中国の某所で囚われの身となるも、見事な武術で任務遂行に成功した菜美。そのまま某所から脱出せんと走り行く彼女を追っ手が阻むも、「私のいるこの荒んだ世界にお別れしよう」と決意した菜美は、自ら川に身を投げてしまう。
「私は死ぬことにした」(菜美)
いや、本当に死ぬわけではない。今までをリセットし、新たな人生を送ろうと考えたのだ。その後、彼女は日本で一流商社の受付嬢となる。

あわせて読みたい

  • 有田哲平の演技力は「わにとかげぎす」

    有田哲平の演技力は「わにとかげぎす」

  • インディーズに豪華役者陣集結の理由

    インディーズに豪華役者陣集結の理由

  • スーパーマンがアメリカでヒーローやってるのはただの偶然なんだ『スーパーマン:レッド・サン』

    スーパーマンがアメリカでヒーローやってるのはただの偶然なんだ『スーパーマン:レッド・サン』

  • 恋愛下手、DV、統合失調症そして天才作家『島田清次郎 誰にも愛されなかった男』

    恋愛下手、DV、統合失調症そして天才作家『島田清次郎 誰にも愛されなかった男』

  • レビューの記事をもっと見る 2017年10月11日のレビュー記事
    「「奥様は、取り扱い注意」の綾瀬はるかは、クラーク・ケントや只野仁のようなヒーロ像と似ているようで違う」の みんなの反応 6
    • 匿名さん 通報

      今時のドラマって、ものすごーーーく幼稚な脚本家が鼻歌を歌いながら書くんだろうね。テレビ見てないで「貧困女子」でも読みなよ。

      5
    • 匿名さん 通報

      このドラマ面白いですよ 毎週楽しみにしてます

      4
    • 匿名さん 通報

      確かSPやCRISIS、BORDERの脚本家だろ。それほど外れはないとおもうが。

      3
    • 匿名さん 通報

      トリチュー今期一番好きなドラマ❤ 綾瀬はるかちゃんのアクションがカッコ良くて観ていてスカっとするわ 強くて可愛い奥様最高だわ

      2
    • 匿名さん 通報

      綾瀬はるかさんイケメンで惚れた 私も助けて欲しい‼

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    奥様は、取り扱い注意

    奥様は、取り扱い注意

    ドラマ『奥様は、取り扱い注意』レビュー記事一覧。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース