review

「奥様は、取り扱い注意」の観方がわかった。リアリティはスルーし、綾瀬はるかのアクションを楽しめばよい

10月からスタートしたドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。ホームページで「一生懸命生きるすべての女性へ愛と勇気のエールをおくる、笑いありアクションありのエンタメドラマ」と銘打たれている今作だが、現代の女性を取り巻く問題を各話ごとにフォーカスし、それらを元・特殊工作員の伊佐山菜美(綾瀬はるか)がアクションで解決していくというのが定例の流れになっていきそう。

初回では、まず「DV」が取り上げられている。そして10月11日放送の第2回が、複雑だった。色々な事象が絡み合っているのだが、ひとまずここでは大雑把に「AV」としておきたい。出演歴を持つ女性のその後の苦悩が描かれたのだ。
「奥様は、取り扱い注意」の観方がわかった。リアリティはスルーし、綾瀬はるかのアクションを楽しめばよい
イラスト/Morimori no moR

「やんちゃな過去は、女の場合は黒歴史でしかない」


まずは、第2話のあらすじを辿っていく。

夫婦生活を盛り上げるために着付け教室へ通うことにした、菜美と大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)の主婦3人組。女子力の低い菜美は着付けがままならず、同じく教室へ通う落合夏希(高岡早紀)に教えてもらうことに。帯を巻き直してもらう最中、夏希に敏感な部分(腰のあたり)を触れられた菜美は「ハッ!」と声を上げてしまう。その様子を見て「あっちの方の達人系?」と勘繰る優里。

そんな“達人”の夏希の元へ「誰にも気付かれないで静かに生きていけると思ったのか?」と、ある男(岡部たかし)が訪ねてきた。その後、「元有名AV女優がこの町に住んでいます」というチラシが町内にばら撒かれてしまう。この「元有名AV女優」とは、夏希のこと。さっきの男は、夏希をAV業界へ入れたスカウトマンだった。

あわせて読みたい

「「奥様は、取り扱い注意」の観方がわかった。リアリティはスルーし、綾瀬はるかのアクションを楽しめばよい」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    女性を勘違いさせるドラマ

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

奥様は、取り扱い注意

奥様は、取り扱い注意

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』レビュー記事一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース