bit

天才棋士「藤井四段」インタビュー プロへの“一歩”を振り返る

藤井聡太四段が語るプロへの“一歩”


史上最年少の14歳2ヶ月で将棋棋士デビューし、無敗のまま新記録となる29連勝を達成。日本中に将棋ブームを巻き起こした天才中学生・藤井聡太四段が、奨励会三段時代を振り返る番組「めざせプロ棋士(藤井聡太四段ゲスト回)」が、10月24日(火)に囲碁・将棋チャンネルで放送される。
天才棋士「藤井四段」インタビュー プロへの“一歩”を振り返る

「将棋との出会いは5歳のとき。祖母が持ってきた入門者用の“スタディ将棋”から始めました。最初は祖父母に教わりましたが、二人とも初級者だったのですぐに勝てるようになりました(笑) それから将棋教室に通うようになり、将棋ノートをつけたりして、とにかく将棋が楽しかった。小学校低学年のときに『全国小学生倉敷王将戦』という大会で優勝してから、プロ棋士になることを意識するようになりました」

プロ棋士になるには、養成機関の「奨励会」で勝ち抜いて四段にならなくてはならない。10歳で6級入会した藤井少年は驚異的なスピードで昇級昇段。彼の才能にほれ込み、見守る大人たちが周囲にいたという環境も影響していたようだ。

「3級のときに降級点(2回取ると降級)を取ったことがありましたが、すぐに立ち直ることができたのがよかったです。地元のアマ強豪の方に研究会に誘われ、教えていただいたりもしました。これがとても大きな経験でした」
天才棋士「藤井四段」インタビュー プロへの“一歩”を振り返る

あわせて読みたい

  • 佐藤天彦名人との対局がヤフオクに

    佐藤天彦名人との対局がヤフオクに

  • プロ棋士7名の『勝負メシ』とは

    プロ棋士7名の『勝負メシ』とは

  • 鉄板の上に将棋盤 プロがガチ対局

    鉄板の上に将棋盤 プロがガチ対局

  • 不戦敗となった将棋中継がシュール

    不戦敗となった将棋中継がシュール

  • コネタの記事をもっと見る 2017年10月18日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら