井浦秀夫の同名漫画が原作のドラマ、フジテレビ系「刑事ゆがみ」がスタートした。

このドラマは、浅野忠信ドラマなのか?


映画俳優のイメージの強い浅野忠信が初主演。その役の弓神適当は、適当で違法捜査も厭わない変わり者の中年刑事。そして、主役の名前をそのまんま使っているタイトル。これはファン待望の“浅野忠信による浅野忠信のための浅野忠信ドラマ”だ。始まる前はそう思い込んでいたが、ちょっと様子が違った。

事件のあらまし


女子大生の押田マイ(小倉優香)が歩道橋で亡くなっているところが発見される。事故死と見られていたが、殺人事件と判断した弓神は、不法侵入などの違法捜査を行う。さらに、ハッカーのヒズミ(山本美月)らの協力を経て、マイとその友人・倉間(大後寿々花)が痴漢をでっちあげる“痴漢でっちあげ女”であることを知る。

弓神のバディを務める羽生虎夫(神木隆之介)は、そのでっちあげ痴漢が行われていた駅の駅員であり、捜査に協力してくれる元同級生の坂木(杉咲花)に少しずつ惹かれていく。しかし、違法捜査をする弓神の思惑通りに動いてしまった羽生が追い詰めた犯人の正体は、なんと坂木だった。
「刑事ゆがみ」一生懸命な神木隆之介の横に、ヘラヘラしているおっさん浅野忠信がいる、そんなのもう面白い
イラスト/Morimori no moRi

正反対でバディっぽい


弓神は、ダボダボのスーツを着て、ガニ股でダラダラ歩き、いつもふざけているちょっと小汚い中年。ナポリタンを食べると口の周りが真っ赤になってしまうような男だ。全身短所だらけのこの男だが、そのおかげか数少ない長所の洞察力と優しさが不思議と浮かび上がり、妙にカッコイイ。「おぉ、浅野忠信だなあ」という感じの役だ。