review

「奥様は、取り扱い注意」3話。ママ友社会のいじめの構造が熱い、青木さやかのボスっぷりに圧倒される

『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)では、現代の女性を取り巻く問題が各話ごとにフォーカスされる。第3話のテーマはいじめ、もっと言うと“ママ友いじめ”であった。
“いじめられる側”なのが清水理沙(小野ゆり子)で、“いじめる側”は幼稚園で君臨するママ友らのボス的存在・相良貴子(青木さやか)。なんと貴子は、元女子プロレスラーである。

第3話あらすじ


街でカツアゲする高校生を撃退中の伊佐山菜美(綾瀬はるか)を目撃した理沙は、「私にケンカのやり方を教えてほしいんです!」と菜美に懇願する。
サッカーのキッズスクールで同じポジションを争っていたものの、我が子ではなく理沙の子が選ばれてしまったことに憤慨した貴子が、ママ友たちと一丸となり理沙へのいじめをスタートさせた。「文句を言いたくても、ボス(貴子)の前に立つと何も言えなくなっちゃって」と、ハートの弱さを自覚する理沙が、そんな自分を払拭しようと立ち上がった格好だ。

青木さやかの顔がスゴすぎる


第3話の青木さやかは、演技賞ものだ。あまりにもな熱演に、途中で笑ってしまったほど。おかしいから笑ったのではなく、スゴいものを見て気圧されてしまったゆえに生まれる笑い。

いきなり、スゴいのだ。5人のママを舎弟のごとく従え、公園のベンチに“デン!”と座る貴子の化粧は異常に濃く、ヒールレスラーそのまま。そんな、分厚くて真っ赤なルージュを塗らなくても……。これは、周囲を威嚇する彼女の心理を表しているのだろうか? だって、彼女らの“縄張り”である公園に一人で現れた菜美を目にするや、理由なく排除しにかかるし。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

奥様は、取り扱い注意

奥様は、取り扱い注意

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』レビュー記事一覧。

お買いものリンク