ロックの素晴らしさを体現する女性シンガー

ロックの素晴らしさを体現する女性シンガー

今から約10年前、Superflyの1stシングル『ハロー・ハロー』を初めて聴いた時、なんとパワフルでソウルフルでみずみずしい歌声なんだろう、あの華奢な体のどこからあんな声が出るんだろうと衝撃を受けたのを覚えている。そして彼女は、独自の世界を切り拓き、「ロック」という枠組みを越えた豊かな音楽を展開していった。そんな中、今年11月15日に一夜限りのプレミアムライブ、『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE “Bloom”』を行うことが発表された。10周年の感謝の思いを込めた1年半ぶりのステージであると同時に、彼女にとって初のオーケストラ編成。彼女の新たな魅力に触れる機会にもなりそうだ。ここではSuperflyの10周年を祝福しつつ、「ロック」を感じる歴代の素晴らしい女性シンガーを紹介していこう。

■Superflyのルーツでもある伝説のロック・シンガーは?

まず紹介したいのはジャニス・ジョプリンだ。Superflyの志帆はデビュー当時、「和製ジャニス・ジョプリン」と呼ばれていて、彼女自身もフェイバリット・ミュージシャンとしてその名前をあげていた。また、日本武道館公演でジャニス・ジョプリンの『Piece of My Heart』のカバーも披露している。

ジャニスは1943年、アメリカ、テキサス州に生まれて1970年10月4日、27歳で短い生涯を閉じたのだが、ロックの歴史に残した足跡は鮮烈だ。彼女の名前が一躍、世間に広まったのは1967年のモントレー・ポップ・フェスティバルと1970年のウッドストック。ロック、ブルース、フォークなどを消化した自在な歌声は圧巻だった。テクニックも卓越しているのだが、彼女の体の奥底からあふれてでるような歌声の存在感は唯一無二だった。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース