review

「奥様は、取り扱い注意」6話。コメディタッチ返上、遂に綾瀬はるかの肉弾戦が消えた

11月8日放送『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第6話が、非常に重いテーマを扱っている。コメディタッチな空気感が貫かれていた同作、次第に趣きが変わりつつあるようだ。
「奥様は、取り扱い注意」6話。コメディタッチ返上、遂に綾瀬はるかの肉弾戦が消えた
イラスト/Morimori no moRi

アリバイ作りに利用される綾瀬はるか


今回は、伏線が色々と張り巡らされている。一度観て、話の流れを把握した上で再見すると「そういうことだったのか」と気付くだろうシーンが点在しているのだ。

フラワーアレンジメント教室に通い始めた、伊早山菜美(綾瀬はるか)と大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)の3人組。そこで菜美は、街の町内会報の編集を担当する吉岡冴月(酒井美紀)にインタビューを申し込まれ、翌日の夜に冴月宅へ訪れる約束をする。
冴月 7時はどう? 30分もあれば終わると思う。
(冴月、立ち去る)
優里 せめて、ご飯時は避けてくれたらいいのにねぇ~。

そして、取材日当日。菜美がスーパーで買い物をしていると、気味の悪い笑みをたたえた知らない男が見つめてきた。そして、その男に笑顔で語りかける冴月。なんと、この男は冴月の夫で歯科医の達郎(竹財輝之助)であった。

その後、約束の時間に合わせて菜美が吉岡宅へ訪れると、玄関前には冴月の友人の藤村靖子(芦名星)と加藤千尋(原田佳奈)の姿が。「インタビューの後、アレンジメントの勉強会をやることになってるの」とのことだ。しかし、冴月は不在。遅れる旨の連絡を受けた靖子らに従って家の中に入ると、そこにはなんと達郎の刺殺体が……!

あわせて読みたい

「「奥様は、取り扱い注意」6話。コメディタッチ返上、遂に綾瀬はるかの肉弾戦が消えた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    殺人犯を見逃していいのかな~被害者が善人とは限らない。この話は慰安婦問題を下敷きにしており、この枠を反日ドラマと認定する。

    6
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

奥様は、取り扱い注意

奥様は、取り扱い注意

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』レビュー記事一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース