review

「奥様は、取り扱い注意」6話。コメディタッチ返上、遂に綾瀬はるかの肉弾戦が消えた

そして、例によって洞察力を発揮する菜美。「死体の傷口から出た血は、そんなに広がってなかった。(中略)死体を発見した時、犯人はまだあの広い家の中にまだ潜んでたのかも……」と、事件の周辺状況を推測。加えて「日時を指定されて死体を発見するって、偶然だとしたらものすごい確率だなって」と、冴月と交わした約束にも疑いの目を向ける。つまり、第一発見者に仕立てられた自分が“アリバイ作り”に利用されたのではないか? ということだ。

後日、菜美はマスコミから犯人だと疑われる冴月に話を聞きに行く。そこで、冴月は菜美からの質問に力強く返答している。「(夫を)愛してたわ。私のこと、とっても大切にしてくれた! どんな理由があろうと、私に殺せるわけない」。

「一度は真剣に愛した人に直接手を下すことはできなかった……」


状況証拠と聞き込みによって、犯人の目星がついた菜美。「犯人は、吉岡さん、藤村さん、加藤さんの3人だ。ただし、旦那さんに直接手を下したのは、藤村さんと加藤さん」と、すでに核心を掴んでいた。

しかし、殺害の動機がわからない。そして、菜美は3人に問いただす。すると、靖子と千尋は15年前に達郎からレイプされていた事実を告白する。
「私たちは秘密を打ち明け合った日から、一つのことに取り憑かれてしまった。あいつを殺すこと」(靖子)
そして、夫の行いを知った冴月は2人に協力する。
「私は妻である前に女だった。だから、女の痛みを見過ごすことはできなかった。(中略)夫は罰せられるべきだった。でも、一度は真剣に愛した人に直接手を下すことはできなかった……」

あわせて読みたい

  • 「奥様は、取り扱い注意」去りゆく夫達

    「奥様は、取り扱い注意」去りゆく夫達

  • 奥様は、取り扱い注意 青木さやか見事

    奥様は、取り扱い注意 青木さやか見事

  • 「奥様は、取り扱い注意」の楽しみかた

    「奥様は、取り扱い注意」の楽しみかた

  • 「奥様は、取り扱い注意」にある違和感

    「奥様は、取り扱い注意」にある違和感

  • レビューの記事をもっと見る 2017年11月15日のレビュー記事
    「「奥様は、取り扱い注意」6話。コメディタッチ返上、遂に綾瀬はるかの肉弾戦が消えた」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      殺人犯を見逃していいのかな~被害者が善人とは限らない。この話は慰安婦問題を下敷きにしており、この枠を反日ドラマと認定する。

      6
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    奥様は、取り扱い注意

    奥様は、取り扱い注意

    ドラマ『奥様は、取り扱い注意』レビュー記事一覧。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース