review

「奥様は、取り扱い注意」6話。コメディタッチ返上、遂に綾瀬はるかの肉弾戦が消えた

「夫は私を初めて抱いた時、こう言ったの。『一生、忘れられない経験にしてあげる』って。それは、私と夫だけの言葉だったはずなのに……」という、冴月の言葉が痛い。

事件後、菜美から「男として生まれて悲しいと思ったことはある?」と問われた夫・勇輝(西島秀俊)は「『男は法律をつくるために生まれ、女は自然を保持するために生まれる』、何かの本にそう書いてあった。男はたぶん、本当の悲しみを知らない生き物なんだ」と答えている。
調べてみると、これはフランスの童話作家・セギュール夫人が残した「男は法律をつくるために生まれ、女は風俗をつくる」が元になっているらしい。「男女はわかり合えない」ということを表した言葉だ。

レイプ事件の加害者と被害者の関係、それのみでなく菜美と勇輝を暗示した言葉だと思えなくもない。2人は、本当に夫婦としてわかり合っているのか?
第1発見者として菜美が警察で取り調べをされた際、署まで付き添った勇輝は警察関係者と談笑。勇輝は菜美に「大学の同級生だよ」と説明していたが、裏がありげな彼の素性も次第に明らかになっていきそうだ。
(寺西ジャジューカ)

Huluにて配信中

あわせて読みたい

  • 「奥様は、取り扱い注意」去りゆく夫達

    「奥様は、取り扱い注意」去りゆく夫達

  • 奥様は、取り扱い注意 青木さやか見事

    奥様は、取り扱い注意 青木さやか見事

  • 「奥様は、取り扱い注意」の楽しみかた

    「奥様は、取り扱い注意」の楽しみかた

  • 「奥様は、取り扱い注意」にある違和感

    「奥様は、取り扱い注意」にある違和感

  • レビューの記事をもっと見る 2017年11月15日のレビュー記事
    「「奥様は、取り扱い注意」6話。コメディタッチ返上、遂に綾瀬はるかの肉弾戦が消えた」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      殺人犯を見逃していいのかな~被害者が善人とは限らない。この話は慰安婦問題を下敷きにしており、この枠を反日ドラマと認定する。

      6
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    奥様は、取り扱い注意

    奥様は、取り扱い注意

    ドラマ『奥様は、取り扱い注意』レビュー記事一覧。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース