review

キャスティングが最初に決まったのは犬の役「アホガール」監督&脚本家対談

あおしま 犬とポメちゃんが出会う回(第8話)で、よしこに対して「思い知ったか」と勝ち誇ったところもすごく可愛かったです。
玉木 あそこも、可愛く言って欲しいというオーダーに見事に応えていただきました。あのカットは原画をやって下さったのもすごく上手い方で、非常に可愛いシーンになったと思います。

主人公すら食われかねない風紀委員長とよしえ


玉木 風紀委員長は、この作品の中でも特にやばいキャラクターなんですけど、第1話で登場した時点では、さやかと同じ振り回されるタイプのキャラクターなのかなと見えるように描いています。
あおしま 少しだけ変な片鱗は見えるけど、まだヒロインぽく見えるようにしていますね。
玉木 そして、2話で一気にやばいところが見えてくる。そういった振り幅の大きい芝居を求められるキャラクターなのですが、上坂(すみれ)さんが非常に上手く演じて下さいました。
キャスティングが最初に決まったのは犬の役「アホガール」監督&脚本家対談
校門での持ち物検査の際、明に一目惚れしてしまった風紀委員長。巨乳美少女だが、その恋心は異常な方向へと急加速していき、さやかからは「ストーキングとかもう止めた方が」と注意されるほど。

あおしま 初登場時の美少女からどんどん変わっていく様を完璧に演じて頂きました(笑)。1話でよしこにいじられて恥ずかしがっているところから、よしこのお母さんのよしえと対決する(第10話)までの変化がすごいですからね。
玉木 振り幅は一番大きなキャラクターですよね。その他にも魅力的なキャラクターは多いですが、起爆剤として特に大きな役割を果たしてくれたのは、よしえだと思っています。初登場の回では普通のお母さんだったのに。実はこの作品で一番やばいのはお母さんだったみたいな。日笠(陽子)さんのお芝居も素晴らしかったですし、よしえが出てくる回のアフレコ現場は、いつも以上にすごく笑いが起こってました。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2017年11月15日のレビュー記事
「キャスティングが最初に決まったのは犬の役「アホガール」監督&脚本家対談」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    確かに面白かった。特に3話(その9,その12)が秀逸だった。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース